1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

南野欠場のセインツが19位WBAにまさかの完敗…《プレミアリーグ》

超ワールドサッカー / 2021年4月13日 4時15分

写真:Getty Images

南野拓実が所属するサウサンプトンは12日、プレミアリーグ第31節でWBAと対戦し0-3で敗戦した。南野はベンチ入りも出場機会はなかった。

前節3試合ぶりの白星を飾った14位セインツ(勝ち点36)は、直近のバーンリー戦と同じ先発メンバーを採用。南野は2試合連続のベンチスタートとなった。

降格圏の19位に沈むWBA(勝ち点21)に対し、セインツは開始早々にピンチを迎える。4分、ボックス左でパスを受けたM・フィリップスのシュートをGKフォースターの弾くと、セカンドボールをマテウス・ペレイラがボレーシュート。これをゴール前のディアニェが頭でコースを変えてゴールネットを揺らしたが、VARの末にオフサイドの判定となった。

VARに救われたセインツは25分、ロングパスで相手DFの裏に抜け出したレドモンドがボックス右から折り返すと、DFにディフレクトしたボールをアームストロングがシュート。これがゴール左へ逸れると、ゴールエリア左に駆け上がったイングスがダイレクトで狙ったが、このシュートもゴール右に外れた。

先制のチャンスを逃したセインツは、30分にミスから失点する。ボックス右から侵入したメイトランド=ナイルズの折り返しに反応したマテウス・ペレイラを飛び出したGKフォースターが倒してPKを献上。このPKをマテウス・ペレイラがど真ん中に蹴り込んだ。

さらにセインツは35分にも、イングスのバックパスを奪われカウンターを受けると、ボックス左まで持ち上がったディアニェのグラウンダーのクロスをM・フィリップスが流し込まれ、立て続けに2ゴールを奪われた。

ハーフタイムにかけてもWBAの猛攻を受けたセインツだが、粘りの守りでこれを凌ぎ、0-2で前半を終えた。

2点のビハインドで後半に入ったセインツは58分、バイタルエリア左でイングスが倒れてFKを獲得。バートランドのクロスからイングスが頭で合わせたが、これは逆サイドに流れる。さらに61分には、アームストロングが強烈なミドルシュートを放ったが、これは相手GKの正面を突いた。

後半は攻勢に出ていたセインツだったが、69分に再び失点を喫する。ヨクシュルのロングスルーパスでボックス内に侵入したカラム・ロビンソンがゴールエリア左手前からシュートを流し込んだ。

その後は互いに選手交代を行っていく中で拮抗した展開が続いたが、セインツは後半アディショナルタイムにチャンスを迎える。92分、ドリブルでボックス右深くまで侵入したジェネポがC・タウンゼントに倒されPKを獲得。しかし、ウォード=プラウズのPKは、GKジョンストンの完璧なセーブに防がれた。

結局、試合はそのまま0-3でセインツが下位相手にまさかの完敗。快勝したWBAは今季初のリーグ戦連勝を飾った。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング