1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

シュツットガルト主将MFカストロが今季終了後に退団

超ワールドサッカー / 2021年4月14日 23時0分

写真:Getty Images

MF遠藤航の所属するシュツットガルトは14日、元ドイツ代表MFゴンサロ・カストロ(33)との契約を延長しないことを発表した。スポーツ・ディレクターを務めるスヴェン・ミスリンタント氏が明かしている。

今季主将を務めているカストロはレバークーゼンで活躍後、2018年夏にドルトムントからシュツットガルトに3年契約で加入。シュツットガルトでは公式戦83試合に出場して8ゴール14アシストを記録し、昨季は1部復帰に貢献。今季はブンデスリーガ22試合に出場して3ゴール2アシストをマークし、ヨーロッパリーグ出場権を争うチームの主力として活躍していた。

契約延長に至らず今季終了後に退団することになったカストロは「シュツットガルトでは浮き沈みの激しい時期を過ごしてきた。何よりとても悔しかった降格後に、1部復帰を果たせたことはとても感慨深かったよ」とコメントを残している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング