1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

堅守マドリーが逃げ切り成功でチェルシー待つ準決勝進出! 意地のドローもリバプールは今季無冠が決定…《CL》

超ワールドサッカー / 2021年4月15日 5時59分

写真:Getty Images

チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグ、リバプールvsレアル・マドリーが、14日にアンフィールドで行われ、0-0のドローに終わった。この結果、2戦合計1-3としたマドリーの準決勝進出が決定した。
 
6日にアルフレド・ディ・ステファノで行われた1stレグはホームのマドリーがサラーにアウェイゴールを許すも、ヴィニシウスの圧巻のドブレーテ、アセンシオのゴールによって3-1のスコアで先勝した。
 
攻守にインテンシティを欠く覇気のないプレーぶりで初戦を落としたリバプールだが、先週末のプレミアリーグではアストン・ビラ相手に試合終了間際のアレクサンダー=アーノルドの見事な逆転ゴールによって劇的な2-1の勝利。8試合未勝利が続いた鬼門アンフィールドで9戦ぶりの白星を手にした。その劇的勝利の勢いに乗りたいクロップ率いるチームは、1stレグから先発2人を変更。ナビ・ケイタに代えてミルナー、ジョタに代えてフィルミノを最前線で起用した。
 
一方、スコア以上のパフォーマンスの差で先勝に成功したマドリーは、先週末のラ・リーガでもバルセロナとのエル・クラシコをベンゼマ、クロースのゴールによって2-1のスコアで競り勝ち、首位アトレティコ・マドリーに1ポイント差に迫る2位に浮上した。公式戦13試合無敗(11勝2分け)の勢いに乗って逃げ切りを狙う敵地での大一番では初戦から先発1人を変更。クラシコで左ヒザを痛めたルーカス・バスケスに代えて中盤本職のバルベルデをスクランブル起用した。
 
立ち上がりからエンジン全開のリバプールは出足鋭い守備でアウェイチームの出端を挫く。開始2分にはロングフィードに反応したマネがボックス左で正確なワンタッチの折り返しをゴール前のサラーに通す。これを左足ダイレクトで合わせるが、うまく足を残したGKクルトワが圧巻のファインセーブで阻止する。
 
さらに、直後にも急造右サイドバックのバルベルデをマネがタッチライン際で鮮やかに抜き去って際どい折り返しを入れると、以降も相手を完全に押し込んでセットプレーの流れからゴールに迫る場面を創出。11分には右サイドのサラーのカットインからペナルティアーク付近で前向きな状態でボールを受けたミルナーが狙いすました右足のコントロールシュートを枠の右上隅に飛ばす。だが、これもGKクルトワの見事なワンハンドセーブにはじき出された。
 
1stレグとは打って変わって相手の圧力に晒されて窮屈な戦いを強いられるマドリーだが、クロースの立ち位置の変化によるプレス回避、相手サイドバックの背後をシンプルに狙う形の攻めで徐々に押し返す。フィニッシュまで持ち込むことができないものの、相手の攻勢をけん制する。20分には相手陣内左サイドでDFフィリップスを抜き去ったベンゼマがそのままボックス付近まで持ち込んで並走するヴィニシウスへの折り返しを狙うと、DFカバクに当たったボールがニア下に向かうも、これは惜しくもポストを叩いた。
 
前半半ばを過ぎると、試合は完全にイーブンな展開となり、世界最高峰の舞台に相応しい緊迫感のある攻防が繰り広げられていく。ボールを奪えばマネとサラーの両翼にシンプルに縦パスを付けて手数をかけない攻撃を仕掛けるホームチームに対して、アウェイチームはモドリッチやベンゼマと百戦錬磨の選手たちがうまくペースをコントロールし、相手が得意とする行ったり来たりのオープンな展開を避けるゲームメイクを見せる。
 
その後、前半終盤にかけては幾度か良い形でルーズボールの奪い合いを制したリバプールが、アレクサンダー=アーノルドの左足に持ち替えての好クロス、ボックス内でサラー、ワイナルドゥムに続けて決定的なシュートチャンスが訪れるも、最後の精度を欠き前半のうちにゴールをこじ開けることはできなかった。
 
互いに選手交代なしで迎えた後半もリバプールが先にゴールへ迫る。46分、アレクサンダー=アーノルドの絶妙なパスをボックス右で収めたフィルミノがニア下を狙ったシュートを放つが、これもGKクルトワが好守で凌ぐ。直後にもアレクサンダー=アーノルドとフィルミノのコンビでゴールに迫るも、ダイビングヘッドは枠を捉え切れない。
 
後半も主導権を握るもののゴールが遠いリバプールベンチは60分に動く。カバク、ミルナーを下げてチアゴとジョタを同時投入。この交代でシステムを[4-2-3-1]に変更し、ファビーニョがセンターバックに下がり、前線は1トップのサラーの下に右からマネ、フィルミノ、ジョタという並びとなった。
 
一方、後半も押し込まれる展開も老獪な守備で失点を許さないマドリーは、より前がかる相手に対して前回対戦で猛威を振るったヴィニシウスの背後へのスプリントが効き始める。66分にはバルベルデからの絶妙なフィードに反応したヴィニシウスがDFフィリップスを完全に振り切ってボックス内に侵入するが、ここはGKアリソンの勇敢な飛び出しにシュートをブロックされる。さらに、ベンゼマがこぼれ球に詰めたが、先にアリソンにボールを回収された。
 
その後、守勢が目立ち始めた中でジダン監督は72分にクロースとヴィニシウスを下げてオドリオソラ、ロドリゴを同時投入。この交代でオドリオソラが右サイドバックに入り、バルベルデが本職のインテリオールにポジションを移した。
 
試合終盤にかけてリバプールはマネとフィルミノに代えてオックスレイド=チェンバレン、シャキリを投入して最後の勝負に出る。対するマドリーはアセンシオに代えてイスコを投入し、試合を締めにかかる。
 
攻撃的な[4-4-2]の布陣で何とか押し切ろうとするリバプールは、後半アディショナルタイムにはボックス右に抜け出したサラーに決定機も、ここもエルブランコの守護神が立ちはだかった。
 
そして、試合はこのままタイムアップを迎え、難所アンフィールドでの一戦を0-0のドローで終えたマドリーが1stレグのアドバンテージを生かし、2戦合計3-1でチェルシーの待つ準決勝進出を決めた。一方、意地は見せるも最後までゴールが遠かったリバプールは今シーズンの無冠が決定した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング