1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

底力見せたアーセナルが敵地で4発圧勝! 元指揮官エメリ率いるビジャレアル待つ準決勝進出《EL》

超ワールドサッカー / 2021年4月16日 5時58分

写真:Getty Images

ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグ、スラビア・プラハvsアーセナルが15日にシノー・ティップ・アレナで行われ、アウェイのアーセナルが0-4で勝利した。この結果、2戦合計1-5としたアーセナルの準決勝進出が決定した。

優勝候補に挙がるアーセナルと、レスター・シティ、レンジャーズのイギリス勢を連破してきたスラビア・プラハの初戦は互いに後半終盤に1ゴールずつを奪い合う白熱の1-1のドローに終わった。

再三の決定機逸と後半ラストプレーの失点によって逃げ切り失敗のアーセナルは公式戦4戦未勝利に。それでも、週末のリーグ戦では最下位のシェフィールド・ユナイテッド相手にラカゼットの2ゴール、マルティネッリの今季初ゴールによって3-0の完勝。公式戦15試合ぶりのクリーンシートまで達成し、良い流れで敵地での2ndレグを迎えた。

アルテタ監督は1stレグから先発4人を変更。ホールディングを除く最終ライン3人を入れ替え、ベジェリン、ガブリエウ、セドリックに代わってチャンバース、パブロ・マリ、ジャカを起用。また、セバージョス、ペペをスタートから起用し、前線はラカゼットの1トップに2列目は右からサカ、スミス・ロウ、ペペという並びに。なお、オーバメヤンとウーデゴールは引き続きメンバー外となった。

一方、持ち味の粘り強い戦いぶりでアウェイゴールを持ち帰ることに成功したスラビア・プラハは、スパルタ・プラハとのダービーとなった週末のリーグ戦も2-0で快勝。ホームでの大一番に向けて大きな弾みを付けた。

直近のブレイズ戦と同様にジャカを左サイドバックに置く変則的な布陣で臨んだアーセナルだが、攻守両面で強度の高いプレーを見せるホームチームを前に主導権を奪うことができない。

それでも、14分には右サイドからドリブルで切り込んだサカがボックス手前で鋭いシュートを枠の左に飛ばすと、これはGKコラージュに触られてポストを叩く。これをスミス・ロウが冷静にゴールネットへ流し込んだ。最高の時間帯の先制点かに思われたが、長いVARのリプレーの結果、非常に微妙ながらスミス・ロウのオフサイドと判定されてゴールは取り消しとなった。

この厳しい判定によって流れを失うかに思われたアーセナルだが、逆に開き直ってここから圧巻の連続ゴールを見せる。

まずは18分、ボックス手前で味方から足元に縦パスを受けたラカゼットから短い落としを受けたスミス・ロウがDF3枚を相手に粘りのボールキープから正確なラストパスをゴール左でフリーのペペに通す。ペペはDFとGKの寄せで窮屈な体勢となるも左足のシュートを蹴り込んで2試合連続ゴールを挙げた。

これで2戦合計スコアでも優位に立ったアーセナルは直後の20分にはサカがボックス内でホロマダに倒されてPKを獲得。これをキッカーのラカゼットが冷静に右隅へ流し込み、瞬く間にリードを広げる。さらに、24分にはチャンバースから縦パスを受けたサカがスミス・ロウの幻の先制点の起点となったフィニッシュと似たような形で放った左足のシュートがゴール右下隅に決まり、わずか6分間で3点目を奪った。

厳しい連続失点で逆転には4点が必要となったスラビア・プラハはここからリスクを冒して前に出て相手を押し込む。前半終了間際には続けてフィニッシュの場面を作り出したが、前半の内にゴールを奪うことはできなかった。

迎えた後半、スラビア・プラハはスタンチュや両サイドバックを下げて4枚替えを敢行。奇跡の逆転に向けて大胆な動きを見せた。

一方、後半は前がかりな相手の攻撃を受け止めながら要所でカウンターを仕掛けてけん制していくアーセナル。前半のようになかなか決定機まで持ち込めないが、危なげなく試合を進めていく。

その後、67分にスミス・ロウを下げてエルネニーをピッチを送り込み試合を締めにかかる中で、77分には左サイド深くまでボールを運んだペペからの折り返しをボックス中央で収めたラカゼットが見事な左足のシュートでニア下を射抜き試合を決定づける4点目を奪った。

その後、アーセナルは殊勲のサカ、ラカゼット、トーマスを下げてエンケティア、マルティネッリ、セドリックとフレッシュな3選手を同時投入。週末のリーグ戦を睨んだ余裕の采配を見せた中、相手の反撃をクリーンシートで凌ぎ切った。

そして、敵地でスラビア・プラハを圧倒する見事な戦いぶりを見せたアーセナルが2戦合計5-1のスコアで、元指揮官エメリが率いるビジャレアルが待つ準決勝進出を決めた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング