1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

史上最速タイでの降格となったシェフィールド・ユナイテッド、3月就任の指揮官は1年での復帰を口に

超ワールドサッカー / 2021年4月18日 13時5分

写真:Getty Images

シェフィールド・ユナイテッドのポール・ヘッキングボトム監督が、チャンピオンシップ(イングランド2部)への降格を語った。イギリス『BBC』が伝えた。

シェフィールド・ユナイテッドは17日、プレミアリーグ第32節でウォルバーハンプトンと対戦。試合は1-0で敗れ、6試合を残してのチャンピオンシップ降格が決まった。

これは史上最速タイという不名誉な記録での降格となってしまった。

今年3月にクリス・ワイルダー監督の後任として指揮官に就任したヘッキングボトム監督だが、就任後の4試合で4連敗。わずか1ゴールしか奪えずにチームを立て直すことなく降格となってしまった。

試合後ヘッキングボトム監督は「ストレートに戻ることが目標でなければならない」とコメントし、1年でのプレミアリーグ復帰が必要だとコメントしている。

シェフィールド・ユナイテッドは2010-11シーズンにリーグ1(イングランド3部)へと降格。しばらくリーグ1でのプレーが続いたが、2016-17シーズンにチャンピオンシップへと昇格。2018-19シーズンには2位となりプレミアリーグに昇格すると、2019-20シーズンは独特な戦術が台風の目となり、9位でフィニッシュしていた。

しかし、今シーズンは守護神としてチームを支えていたGKディーン・ヘンダーソンがマンチェスター・ユナイテッドにレンタルバックするなどし戦力が低下。開幕から低迷すると、2020年中は勝利がなく、今年1月に初勝利。4勝2分け26敗で降格が決定してしまった。

ヘッキングボトム監督は、昨季降格したチームが今季のチャンピオンシップで昇格争いをしていることを例に挙げ、チームのレベルを保つことが必要だとした。

「この信じられないような旅は、リーグ1からスタートした。ノリッジ、ワトフォード、ボーンマスなど、昨シーズン降格した後に上手くやっているチームを見て欲しい。このグループを維持することが優先されなければならない」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング