1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

東京五輪の組み分けに注目/六川亨の日本サッカーの歩み

超ワールドサッカー / 2021年4月20日 11時0分

写真:Getty Images

J1リーグは4月18日の第10節で無敗の2位・名古屋が鳥栖に0-1と敗れたことで、早くも川崎F独走の気配が漂ってきた。ただ、これまで足止めを食らっていた新規外国人選手がJビレッジでの“バブル”を終え、続々と各チームに合流している。

コンディションに不安を残すものの、フィットしてくれば大幅な戦力アップを期待できるチームも少なくないだろう。このためGW明けに他チームの反撃が始まるのかどうか期待したい。

首位の川崎Fは、大島など主力選手に負傷者がいながらも選手層の厚さでカバーしている。完成度の高いサッカーは自他共に認めるところ。そんな川崎Fの不安材料をあげるとすれば、「東京五輪が開催される」ことを前提に、五輪後に三笘や田中碧、旗手ら五輪世代の代表選手の海外流出ではないだろうか。

もちろん川崎Fのことだから、それを見越して橘田や遠野らを獲得したのかもしれない。

その東京五輪だが、ポット分けが発表され、FIFA本部で21日の17時(日本時間)から抽選会が開催される。開催国の日本は、前回優勝のブラジルと、五輪を本気モードで戦うアルゼンチンと同じ第1ポットになったのは大きなアドバンテージと言える。

ドイツ、スペイン、フランス、ルーマニアのヨーロッパ勢は五輪をさほど重視していないし、もしも五輪同様に開催が1年延期されたEUROが開催されるなら、主力はこちらに回る可能性が高いだろう。

そこで日本にとって理想の組み合わせは以下の通りだ。第2ポットはホンジュラス(メキシコ、ドイツ、ホンジュラス、スペイン)が理想的。日本が苦手とするメキシコは避けたいところ。

第3ポットはオセアニアのニュージーランド(エジプト、ニュージーランド、コートジボワール、南アフリカ)。フィジカルコンタクトの強いコートジボワールとは同居したくない。

最後の第4ポット(オーストラリア、サウジアラビア、フランス、ルーマニア)は必然的にヨーロッパ勢となる。それならルーマニアといったところか。

W杯同様、五輪も初戦の結果がベスト8進出に大きなウエイトを占めるだけに、組み合わせと対戦相手の順番がどうなるのか、当日の抽選会が楽しみである。

ちなみに、なでしこジャパンの相手なら、第2ポット(スウェーデン、英国、ブラジル)はスピードとパワーで勝負するヨーロッパ勢よりブラジル。第3ポット(カナダ、オーストラリア、中国)は必然的にアジア以外のカナダとなり、第4ポット(ニュージーランド、チリ、ザンビア)はニュージーランドといったところだろう。

もちろん一番の問題は、東京五輪が無事に開催されるかどうであることに変わりはない。


【文・六川亨】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング