1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

コレア&カラスコ弾で岡崎先発のウエスカを下したアトレティコが首位を堅守!《ラ・リーガ》

超ワールドサッカー / 2021年4月23日 4時1分

写真:Getty Images

アトレティコ・マドリーは22日、ラ・リーガ第31節でウエスカと対戦し、2-0で勝利した。ウエスカのFW岡崎慎司は63分までプレーした。

前節のエイバル戦で3試合ぶりの勝利を飾った首位アトレティコ(勝ち点70)は、その試合と同じスタメンを選出。この試合での戦列復帰が噂されたスアレスはベンチ外となった。

2トップの一角で岡崎が9試合ぶりの先発出場となった17位ウエスカ(勝ち点27)に対し、アトレティコは開始早々にピンチを迎える。3分、ボックス左横で与えたFKからセルヒオ・ゴメスがクロスを入れると、ゴール前の混戦からシオバスにシュートを許したが、これはGKオブラクの好セーブで難を逃れた。

開始早々のピンチを凌いだアトレティコは10分、ロングパスで右サイドを突破したM・ジョレンテがボックス右から折り返しを供給すると、ボックス左に流れたボールをカラスコがダイレクトシュート。さらに相手GKの弾いたボールにサウールが詰めたが、このシュートもGKアルバロ・フェルナンデスのブロックに阻まれた。

その後はペースを掴み始めたアトレティコが押し込む展開が続くと、39分に試合が動く。自陣からのロングフィードでボックス右横まで駆け上がったトリッピアーのパスをボックス右手前で受けたM・ジョレンテが縦につけると、ボックス右で受けたコレアが素早いターンからカットインで相手DFをかわしシュート。相手DFにディフレクトしたボールはそのままゴール右隅に吸い込まれた。

後半に入っても主導権を握るアトレティコは49分、左サイドライン際まで駆け上がったロージ折り返しをボックス左で受けたコレアのラストパスからコケが決定機を迎えたが、シュートは飛び出した相手GKのファインセーブに阻まれた。

1点を追うウエスカは、63分に岡崎とラファ・ミル、モスケラを下げてサンドロ・ラミレス、フェレイロ、ガランを投入する3枚替えを敢行。すると65分、バイタルエリア中央右でフェレイロが倒されて獲得したFKからセルヒオ・ゴメスが直接ゴールを狙ったが、これはゴール右に逸れた。

膠着状態が続く中、アトレティコは72分にコケのパスで抜け出したM・ジョレンテがボックス右深くから侵入。マイナスの折り返しを走り込んだサウールが左足で合わせたが、このシュートは相手GKのセーブに防がれた。

追加点を狙うアトレティコは、76分にエレーラを下げてデンベレ投入。すると80分、自陣からのロングパスで抜け出したデンベレがボックス右横から折り返しを供給。これは相手DFにカットされたが、すぐにプレスをかけたM・ジョレンテがボックス付近で奪い返すと、ボックス右からの折り返しをカラスコがゴールに流し込んだ。

結局、試合巧者ぶりを発揮したアトレティコが2-0で勝利し、首位キープに成功している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング