1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

ローマがフォンセカ監督の今季限りの退任を発表「まだ勝たなければいけない重要な試合が残っている」

超ワールドサッカー / 2021年5月4日 20時40分

写真:Getty Images

ローマは4日、パウロ・フォンセカ監督(48)が今シーズン限りで退任することを発表した。クラブ公式サイトが発表した。

フォンセカ監督は、母国のポルトガルのクラブで監督を務めており、ポルトやブラガなどでも指揮。その後、ウクライナの強豪であるシャフタール・ドネツクで指揮を執っていた。

2019年7月にローマの監督に就任すると、ここまで96試合を指揮。50勝19分け27敗の成績だった。

就任1年目はセリエAで5位フィニッシュ。コッパ・イタリアはベスト8だった。今シーズンは現在セリエAで7位に位置しており、来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)出場権を争っている状況だ。

また、今シーズンのELでは準決勝に進んだが、1stレグでマンチェスター・ユナイテッドに6-2で大敗。決勝への勝ち上がりが非常に厳しい状況となっている。

かねてから去就についても多くの報道がなされ、即時解雇という報道も出ていた状況。特に直近の公式戦5試合で1分け4敗とチームが下降気味なところも影響している。

それでも、今シーズン終了までは指揮を執ることで落ち着いたとされたが、シーズン終了後に退任することが発表された。

フォンセカ監督はクラブを通じてコメント。感謝を述べつつ、残りの試合に全力を捧げると語った。

「この2年間、我々は多くのアップダウンを経験したが、常にこのクラブとこの街、つまり常に歓迎してくれた街のために全力を尽くしてきた」

「ローマのファンの皆さん、トリゴアで一緒に働いた全ての人、選手、そしてこの旅の間に我々をサポートしてくれた全ての人に感謝したいと思う」

「特にダンとライアン・フリードキンにはやってきた時から継続的にサポートしてくれた。そして、チアゴ・ピントは信じられないほどのプロフェッショナルであり、クラブのために仕事を続けてくれることを祈っている」

「今シーズンは、まだ勝たなければいけない重要な試合が残っているので、そのために全力を尽くしたいと思う」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング