1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

POで出場機会を取り戻したMF三好康児、自身の去就、東京五輪を語る「自分自身を証明したい」

超ワールドサッカー / 2021年5月11日 11時40分

写真:Getty Images

アントワープに所属するU-24日本代表MF三好康児(24)だが、今後の去就についてコメントした。

2019年8月に川崎フロンターレからアントワープへとレンタル移籍で加入した三好。2020年7月には完全移籍に切り替えられていた。

加入1年目はジュピラー・プロ・リーグで14試合に出場し1ゴールを記録。2年目を迎えた今シーズンはリーグ戦で18試合に出場し2ゴール1アシスト、ヨーロッパリーグでも8試合に出場し1アシストを記録していた。

シーズン途中に新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したこともあり、今年に入ってからは出場機会がほとんどなかった三好。しかし、来シーズンから元イスラエル代表MFリオル・ラファエロフ(35)がアンデルレヒトへと移籍することが決定。その影響もあり、三次はプレーオフの2試合でトップ下のポジションを掴むこととなった。

三好はベルギー『Gazet van Antwerpen』のインタビューに応じ、現在の状況についてコメントした。

三好はプレーオフ初戦のヘンク戦で久々に先発出場を果たすと、1ゴールを記録。この試合の先発については「試合当日に聞きました。ラファエロフがアンデルレヒトへ移籍する事で、ここ数日は僕のプレー機会についての憶測が飛び交っています」とコメント。「僕がより多くの出場機会を得るという本当のチャンスがあり、僕もそのつもりで準備していました」とし、出番が来ることを考えてしっかりと準備できた結果だと語った。

一方で、ラファエロフの退団については「最終的には、僕を含めてグループの誰も彼の退団には満足はしていません。恋しいです」と語り、「フィールドの内外を問わず、彼から多くのことを学びました」とし、出番が巡って来たものの、チームメイトの退団は悲しいことだと語った。

その三好は自身の去就についても言及。「僕はわかりません」とし、「僕はアントワープをヨーロッパでの冒険の最初に立ち寄る場所だと考えていました」と、最初の挑戦の場だったとコメント。「次のステップは、夏が時期として正しいかどうかを確認しなければなりません。今、僕はここで、自分自身を証明したいと思います」と語り、ステップアップのためにも、プレーオフでしっかりと結果を残したいと語った。

また、東京オリンピックについても「僕がプレーしていない3カ月のことはわからない。そんな中、能力のある選手がたくさん出て来ているので、オリンピック代表には自信はないです」とコメント。「プレーオフで、その辺りの疑念を取り除きたいと思います」とし、残り試合で結果を出し、東京オリンピックに出場したいと語った。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング