1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

何人知ってる? 東京五輪に臨むプレミアリーガー11名

超ワールドサッカー / 2021年7月22日 12時50分

写真:Getty Images

いよいよ開幕する東京オリンピックの男子サッカー競技。金メダル獲得を目指すU-24日本代表は、初戦でU-24南アフリカ代表と対戦する。

直前の選手の新型コロナウイルス(COVID-19)感染が発覚するなど、予断を許さない状況ではあるものの、短期決戦がここから始まる。

オーバーエイジを含め、各国のA代表でもプレーする選手が多く、ヨーロッパのビッグクラブに所属する選手も多い今大会。プレミアリーグからは9クラブ11名の選手が参加する。

今回は、その参加選手を紹介していきたい。なお、日本が所属するグループAのチームにはプレミアリーガーは不在となっている。

◆ユナイテッドとブライトンから2名ずつ


最も選手を送り込んでいるのはマンチェスター・ユナイテッドとブライトン&ホーヴ・アルビオンの2チーム。それぞれ2名の選手が東京オリンピックに参加する。

ユナイテッドからは、DFエリック・バイリー(27)とMFアマド・ディアロ(19)。2人ともU-24コートジボワール代表として参加する。

バイリーはプレミアリーグで66試合に出場、ヨーロッパリーグでも29試合に出場している経験豊富な選手。あまりにもケガが多く、ここ数年はレギュラーになれていないものの、コートジボワール代表としてもプレー。オーバーエイジとしてチームを支える。

アマド・ディアロは今年1月にアタランタから完全移籍で加入した19歳。プレミアリーグでは3試合に出場し1アシストを記録している。今後の成長が期待される若手のウインガーだ。

またブライトンからは、U-24アルゼンチン代表のMFアレクシス・マク・アリステル(22)とU-24ルーマニア代表のMFトゥドゥール・バルツァ(22)が参加。ともにオーバーエイジではなく、この世代の選手だ。

マク・アリステルはブライトンで10番を背負い、昨シーズンのプレミアリーグでは21試合に出場し1ゴール1アシストを記録。バルツァは昨季ディナモ・キエフへ期限付き移籍していたが、ケガのためほとんどを欠場。チャンピオンズリーグで2試合に出場していた。

◆ブラジル代表には実力者3名

国として最も多いのは金メダル候補のU-24ブラジル代表。エバートンのFWリシャルリソン(24)とこの世代であるアーセナルのFWガブリエウ・マルティネッリ(20)、アストン・ビラのMFドウグラス・ルイス(23)の3名だ。

リシャルリソンはエバートンの主軸としてプレー。これまで公式戦で119試合に出場し42ゴール9アシストを記録。ウイングやトップでプレーできるストライカーで、セレソンとしても活躍している。

今夏のコパ・アメリカ2021にも全試合出場。1ゴール1アシストを記録しチームは準優勝に。レアル・マドリーへの移籍も噂されるクオリティを持っており、チームの中心となるだろう。

マルティネッリはブラジル4部からアーセナルが引き抜いた若き才能。加入1年目はプレミアリーグで14試合に出場し3ゴールを記録するも、重傷を負いそのまま長期離脱。2020-21シーズンは後半戦まで復帰できなかったが、その後は14試合で2ゴールを記録した。

ドウグラス・ルイスはマンチェスター・シティにも在籍したことがあるボランチの選手。アストン・ビラでは公式戦76試合に出場し3ゴール5アシスト。2020-21シーズンはプレミアリーグで33試合に出場しチームの中盤を支えた。また2019年にはセレソンデビューを果たし、リシャルリソン同様にコパ・アメリカにも参加し2試合でプレーしていた。

どの選手もプレミアリーグで結果を残しており、リシャルリソンとドウグラス・ルイスはセレソンでもプレー。マルティネッリも将来的なセレソン候補と力のある選手が揃った。

◆ニュージーランド、オーストラリアも2名

またU-24ニュージーランド代表とU-24オーストラリア代表にも2名ずつ呼ばれている。

ニュージーランドには、オーバーエイジとしてウェストハムのDFウィンストン・リード(33)とバーンリーのFWクリス・ウッド(29)の2人。ともにA代表でもバリバリに活躍する選手だ。

リードはニージーランド代表として25試合に出場し1ゴール。2019年以来召集を受けていないが、代表でキャプテンを務めるディフェンスリーダーだ。プレミアリーグでは167試合に出場し6ゴール6アシストを記録するなど経験豊富。近年はMLS(メジャーリーグ・サッカー)のスポルティング・カンザスシティやブレントフォードへとレンタル移籍を経験。ブレントフォードの初プレミアリーグ昇格にも貢献した。

ウッドはニュージーランド代表のエースとして56試合24ゴールを誇る。イングランドでのプレーは長く、プレミアリーグで136試合47ゴール7アシスト、チャンピオンシップ(イングランド2部)で223試合78ゴール28アシストを記録している。

オーストラリアは、マンチェスター・シティのFWダニエル・アルザニ(22)とサウサンプトンのMFカレブ・ワッツ(19)の2名だ。

アルザニはメルボルン・シティから2018年8月にシティへと加入。セルティックやユトレヒト、オーフスへのレンタル移籍を繰り返している。シティでのプレー経験はないが、オーストラリア代表として6試合に出場し1ゴールを記録している。

ワッツはサウサンプトンのBチームに所属。それでもプレミアリーグで3試合のプレー経験がある。代表歴はこれまでなく、東京オリンピックが初の代表としてのプレーとなりそうだ。

今回はプレミアリーグの選手を紹介。それ以外の国でも多くの選手がプレーしており、今大会は知った顔も多いはず。金メダルを獲得するのはどこになるのか。熱戦がいよいよスタートする。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング