1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

スソ、移籍取り沙汰される同僚クンデに「去るなら彼なりの理由がある」

超ワールドサッカー / 2021年8月2日 12時51分

写真:Getty Images

セビージャのスペイン代表FWスソが去就揺れる同僚のフランス代表DFジュール・クンデ(22)について言及した。スペイン『マルカ』が伝えている。

今夏の移籍が複数メディアに取り沙汰され、市場を賑わす1人となっているクンデ。トッテナムとの取引は破談に終わったと伝えられているものの、昨季の欧州王者であるチェルシーとの交渉は大詰めを迎えているとみられる。

スソはそんなクンデについて言及。将来については本人自身の問題だとしつつ、移籍にも理解を示した。

「昨日、彼と少しだけ話をした。穏やかな様子だったよ。彼は何事にも巻き込まれないし、自分の道を切り開いていく。いつも元気な姿を見せてくれているしね」

「去就については聞いてないよ。将来のことは個人的な問題だからね。本人がどう思っているかが重要だ。彼はこのクラブにとても馴染んでいるし、それは証明済みだ」

「もし彼が去るなら、彼なりの理由があるのだろう。だけど、彼には残ってもらいたい。重要なプレーヤーなんだ」

また、トッテナムへの移籍が決まったU-24スペイン代表FWブライアン・ヒルに向けても同じプレミアリーグのリバプールでプレーした経験を踏まえ、アドバイスを送った。

「イングランドは彼のスタイルには合わないかもね。彼の居場所とはいえないだろうけど、ヘスス(・ナバス)のような選手でも活躍できたというケースはたくさん見てきたよ」

「彼は他の選手と同じように改善しなければならない。彼は素晴らしい選手や新しい選手と競争することになり、それが常に学びになるだろうね」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング