1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

“日本の天敵”とも言われたケイヒル氏がベルギークラブの取締役就任「継続的な成長と発展に寄与したい」

超ワールドサッカー / 2021年8月24日 11時25分

写真:Getty Images

かつては“日本の天敵”とも言われた元オーストラリア代表FWのティム・ケイヒル氏(41)がベルギー・ジュピラー・プロ・リーグに所属するオイペンの取締役に就任した。クラブ公式サイトが発表した。

エバートンやニューヨーク・レッドブルズなど、現役時代に数々のクラブでプレーしてきたケイヒルは、2004年にオーストラリア代表デビューを飾ると、108試合に出場し同国史上最多の50ゴールをマーク。“オーストラリアの英雄”として4度のワールドカップ(2006、2010、2014、2018)出場を果たした。

また、アジアのライバルである日本戦でも多くのゴールを記録。2006年のドイツ・ワールドカップで対戦した際もゴールを決め、コーナーフラッグでシャドーボクシングをするゴールパフォーマンスは何度も見せられてきた。

そのケイヒル氏は、引退後古巣のエバートンのアカデミースタッフとなり、2021年1月からはカルロ・アンチェロッティ監督の下でエバートンのアシスタントコーチを務めていたが、6月に監督の退任とともにチームを去っていた。

オイペンは23日、クラブ公式サイトでケイヒル氏の取締役就任を発表。ケイヒルは意気込みを語っている。

「オイペンの取締役会のメンバーであることを誇りに思い、嬉しく思う。シーズン前にクラブでしばらく過ごし、昨シーズンは遠くから見ていたが、このクラブにはとても大きな可能性があると感じている」

「それはクラブのために一丸となって懸命に働くスタッフがいるからだけではない」

「取締役会、経営陣、スポーツ部門が力を合わせ、クラブのアイデンティティの確立に貢献し、継続的な成長と発展に寄与したいと思う」

「我々のクラブの鼓動は常にファンであり、彼らとより多くの時間を過ごし、我々のクラブについてもっと知ってもらうことを楽しみにしている」

オイペンはかつてFW豊川雄太(セレッソ大阪)も所属していたことがある。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング