1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

【J1注目プレビュー|第26節:浦和vs広島】3位争いから脱落したくない浦和、広島は前節の前半を再現できるか

超ワールドサッカー / 2021年8月25日 16時50分

写真:©︎CWS Brains, LTD.

【明治安田生命J1リーグ第26節】
2021年8月25日(水)
19:00キックオフ
浦和レッズ(7位/41pt) vs サンフレッチェ広島(11位/33pt)
[浦和駒場スタジアム]

◆目指すACLへ連勝を【浦和レッズ】

前節はアウェイでの徳島ヴォルティス戦で、0-1と勝利。リーグ戦連勝を収めた。

大分トリニータ(1-0)、北海道コンサドーレ札幌(2-1)と連敗したことは痛かったが、ここで連勝したことで踏みとどまった。しかし、チームのパフォーマンスとしては満足できるものとはいえない。

中断期間中にはチーム内での新型コロナウイルス感染があったことで、満足いくトレーニングができなかったというが、チームとして積み上げているものはありながらも、まだまだ足りていないという状況だろう。

新戦力も加わり、チーム作りをしながら勝利を目指すという状況だが、ここで結果を残して3位に入ることがチームの目標。それを達成するには、下位相手にしっかりと内容を伴った勝利を収められるかが重要だ。

★予想スタメン[4-2-3-1]
GK:西川周作
DF:酒井宏樹、アレクサンダー・ショルツ、槙野智章、西大伍
MF:柴戸海、伊藤敦樹
MF:関根貴大、江坂任、汰木康也
FW:キャスパー・ユンカー
監督:リカルド・ロドリゲス

◆前節の前半の戦いを見せられるか【サンフレッチェ広島】

前節は首位の川崎フロンターレを相手に1-1のドロー。試合終盤までリードしていた中、追いつかれての引き分けとなった。

前半戦は出色の出来を見せたが、後半は押し込まれてしまった。前からプレスをかけていくことでリズムを作り、相手を押し込んでいくことができたことが良かった点だ。

今節も浦和を相手にしっかりと同じような戦いができるか。川崎Fほどプレー精度は高くないだけに、広島のやり方がハマれば勝機は見えてくる。

ポイントは守備面。今節は松本泰志がボランチに入る予定だが、その強度を出せるかどうか。広島が一皮剝けるかどうかが見えるだろう。

★予想スタメン[3-4-2-1]
GK:大迫敬介
DF:野上結貴、荒木隼人、佐々木翔
MF:長沼洋一、松本泰志、ハイネル、藤井智也
MF:浅野雄也、柴崎晃誠
FW:ジュニオール・サントス
監督:城福浩

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング