1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

週給7200万円の2年契約…ユナイテッド復帰のC・ロナウド、プレミア最高給者に?

超ワールドサッカー / 2021年8月28日 14時30分

写真:Getty Images

マンチェスター・ユナイテッド復帰内定のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(36)は現在のプレミアリーグ最高額となるサラリーを手にするようだ。

2018年夏に加入したユベントスと今季いっぱいまで契約を残すC・ロナウドだが、今夏の去就が早い段階から注目の的に。それが形になることなく、今季を迎えたなか、マンチェスター・シティ移籍の噂が加熱したが、恩師である元指揮官のサー・アレックス・ファーガソン氏が電話で説得にあたったといわれるユナイテッドが27日に急転直下の加入内定を発表した。

まだ個人の条件面やビザの取得、メディカルチェックを残しており、正式契約に至っていない状況だが、イギリス『スカイ・スポーツ』いわく、ユナイテッドとユベントスが合意した取引額は移籍金1500万ユーロ(約19億4000万円)+アドオン800万ユーロ(約10億3000万円)の総額2300万ユーロ(約29億7000万円)。C・ロナウドとは2年契約が結ばれる見通しだという。

そんなC・ロナウドだが、ユナイテッドが誇る生きるレジェンドということで、クラブからの待遇も破格な様子だ。イギリス『メトロ』によると、12年ぶりの凱旋を果たすユナイテッドで受給が予想される週給額は48万ポンド(約7200万円)。年俸換算でおよそ2500万ポンド(約37億7000万円)で、単純計算で2年総額5000万ポンド(約75億5000万円)のサラリーとなる。

同額が事実であれば、ユナイテッド最高給者である週給37万5000ポンドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘアを上回るものに。さらに、プレミアリーグ全体でも、マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが受け取る38万5000ポンド(約5800万円)を抜いてトップに立つという。

なお、C・ロナウドは現在、プライベートジェットでトリノから旅立ち、リスボンに滞在中。そのままポルトガルでメディカルチェック等々を済ませ、それからマンチェスターに向かう可能性があるようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング