1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

ブラジルが無傷の7連勝! アルゼンチンはラウタロが3ゴールに絡む活躍で2位キープ《カタールW杯南米予選》

超ワールドサッカー / 2021年9月3日 12時55分

写真:Getty Images

現地時間2日、カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選第9節の5試合が行われた。

第5節と第6節が延期となっており、現在6試合が消化している南米予選。6連勝中のブラジルはここまでわずか1勝の7位チリと対戦した。

ネイマールと“ガビゴル”ことガブリエウ・バルボサが2トップを組んだブラジル代表。アウェイゲームは苦しい展開となる。

コパ・アメリカで準優勝を果たした一方で、プレミアリーグの選手らが招集できなかった煽りを受け、試合は苦しい展開となった。

なかなかゴールが生まれずゴールレs流のまま試合は進むことに。苦しんだブラジルだったが64分に右サイドでガビゴルがボールをキープ。これを受けたダニーロがドリブルを仕掛けると中央へパス。これを受けたエヴェルトン・リベイロがダイレクトでパスを出すと、抜け出したネイマールがボックス内でシュート。これはGKにセーブされるが、こぼれ球をエヴェルトン・リベイロが蹴り込み、なんとか先制する。

その後は互いに激しさを増しイエローカードが飛び交う試合となったが、結局ブラジルが逃げ切り、7連勝を飾った。

2位につける南米王者のアルゼンチンは、アウェイでわずか1勝のベネズエラと対戦した。

今季からパリ・サンジェルマン(PSG)へと移籍したリオネル・メッシも先発したこの試合。ブラジルに突き放されたくないアルゼンチンだったが、前半は苦しい戦いとなる。

それでもアディショナルタイムにジョバンニ・ロ・チェルソのスルーパスに反応したラウタロ・マルティネスが落ち着いてゴールを決め、先制して前半を終える。

後半に入ってもなかなかゴールは奪えなかったが、71分に左サイドからパスをつないだアルゼンチンは、ホアキン・コレアからのパスをメッシがラウタロ・マルティネスへ出すと、ダイレクトでリターンを受けたホアキン・コレアがゴール正面から蹴り込み、リードを2点とする。

さらに74分にも相手ボックス付近で細かくパスを繋ぐと、スルーパスに抜け出したアンヘル・コレアが折り返し、ラウタロ・マルティネスがダイレクトシュート。これはGKの好セーブに遭うが、最後はアンヘル・コレアが蹴り込み、リードを3点とする。後半アディショナルタイムにPKを決められるが、そのまま逃げ切り、1-3で勝利を収めた。

その他、3位のエクアドルは6位のパラグアイ相手に大苦戦も終盤に2ゴールを奪い2-0で勝利。一方で、4位のウルグアイは最下位のペルーに対して1-1のドローに終わった。

◆カタールW杯南米予選第9節

▽9/2(木)
チリ代表 0-1 ブラジル代表
0-1:64分 エヴェルトン・リベイロ(ブラジル)

ベネズエラ代表 1-3 アルゼンチン代表
0-1:45分+2 ラウタロ・マルティネス(アルゼンチン)
0-2:71分 ホアキン・コレア(アルゼンチン)
0-3:74分 アンヘル・コレア(アルゼンチン)
1-3:90分+4 ジェフェルソン・ソテルド(ベネズエラ)

エクアドル代表 2-0 パラグアイ代表
1-0:88分 フェリックス・トーレス(エクアドル)
2-0:90分+5 ミチャエル・エストラーダ(エクアドル)[PK]

ペルー代表 1-1 ウルグアイ代表
1-0:24分 レナト・タピア(ペルー)
1-1:29分 ジョルジアン・デ・アラスカエタ(ウルグアイ)

ボリビア代表 1-1 コロンビア代表
0-1:69分 ロヘル・マルティネス(コロンビア)
1-1:83分 フェルナンド・サウセード(ボリビア)

【順位表】カタールW杯南米予選第9節
勝点(試合数/勝/分/負/得点/失点)

1位:ブラジル 21(7/7/0/0/17/2)
2位:アルゼンチン 15(7/4/3/0/12/6)
3位:エクアドル 12(7/4/0/3/16/10)
4位:ウルグアイ 9(7/2/3/2/8/8)
ーーーーW杯出場
5位:コロンビア 9(7/2/3/2/12/14)
ーーーー大陸間PO
6位:パラグアイ 7(7/1/4/2/6/9)
7位:チリ 6(7/1/3/3/8/9)
8位:ボリビア 6(7/1/3/3/10/15)
9位:ペルー 5(7/1/2/4/7/15)
10位:ベネズエラ 4(7/1/1/5/4/12)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング