1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

「大きなミス」ラストプレーでバックパスを奪われ敗戦のリンガード、ファーディナンド氏は「自信が必要」

超ワールドサッカー / 2021年9月15日 18時20分

写真:Getty Images

マンチェスター・ユナイテッドのOBである元イングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏が古巣の敗戦を振り返った。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

ユナイテッドは14日、チャンピオンズリーグ(CL)グループF第1節でヤング・ボーイズとのアウェイ戦に臨んだ。

FWクリスティアーノ・ロナウドのゴールで幸先よく先制するも、35分にDFアーロン・ワン=ビサカの一発退場で数的不利となると、後半に追いつかれる。

このまま引き分けで終わるかと思われた中、ラストプレーでMFジェシー・リンガードのバックパスを相手に奪われ、そのままゴールを許し、1-2で敗れた。

ファーディナンド氏は『BT Sport』で、リンガードのミスを嘆きながらも、ここからの巻き返しに期待した。

「ジェシーの大きなミスだ。会場がヨーロッパのどこだとしてもゲームに参加する必要がある。ただ、ワン=ビサカの悪いタックルからで、あれがこの試合のプランを完全に悩ませた」

「図太くなる必要がある。それもサッカー選手の仕事だ。間違いを犯したら、それに対応なければならない」

「リンガードには自信が必要だ。上司が『君は間違いを犯したが、またチャンスがある』と言うべきだ」

また、同じくユナイテッドOBの元イングランド代表MFポール・スコールズ氏も、リンガードのみの責任ではないと擁護した。

「これはすべて不運という訳ではない。ジェシーはがっかりするだろう。これらは交代から始まっていた。ユナイテッドはそれまでかなり快適にプレーしていた」

「ユナイテッドは後半に自陣から抜けることが出来なかった。マルシャルやグリーンウッドで少しペースを上げる必要があったと思う」

【動画】リンガードのバックパスは自陣ボックス内で相手に奪われてしまう…


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング