1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

「元旦にやる良さも十分理解」天皇杯の元旦決勝取り止めに田嶋会長が言及、来年は「W杯前に終わらせたい」

超ワールドサッカー / 2021年9月24日 21時10分

写真:©︎JFA

24日、第101回天皇杯の準々決勝組合せ抽選会が実施された。

今年の天皇杯は、ベスト8にJ1の7クラブとJ2の1クラブが勝ち上がり、Jリーグ勢が順当に勝ち上がる結果となった。

準々決勝では王者の川崎フロンターレと鹿島アントラーズが激突。また、ガンバ大阪vs浦和レッズのビッグカードなどが組まれた。

今大会は決勝が恒例となっている1月1日ではなく、12月19日という異例の形に。その理由と経緯について日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長が語った。

「天皇杯の決勝は元旦ということでやっており、定着しているのも間違いなく、元旦にやる良さも十分理解しています」

「今回元旦でやることを前提に、クラブ・ワールドカップを12月にやる予定を組んでいました。しかし、残念ながらコロナの影響で返上することとなってしまいました」

「選手会とも話し、1月1日まで日程を開ける必要はなく、早く行って休ませることを考えて、このような決断をいたしましました」

今シーズンのJリーグは12月の1週目に終了。従来の予定ではその後にクラブ・ワールドカップを日本で開催するため、優勝クラブが開催国枠で出場するということもあり、日程が考えられていたが、選手や観客の受け入れが新型コロナウイルスの感染拡大を受けて難しいこととなり、国際サッカー連盟(FIFA)に開催権を返上していた。

また、来年の大会についての元旦決勝についても田嶋会長は否定。カタール・ワールドカップが11月〜12月にかけて開催されることが理由だと語った。

「元旦が良いということへの同意はありますが、来年はカタール・ワールドカップが11月、12月にまたがって行われるので、残念ながらW杯前に天皇杯を終わらせたいと考えています」

「W杯後に数試合残すことはサッカーの質を考えても難しく、大会前に終わらせる考えで調整しています」

まだ日程は確定していないものの、さらに前倒しで決勝が行われる予定とのこと。早ければ10月の決勝もありそうだ。

この件についてはゲストドロワーとして参加した元日本代表FW播戸竜二氏もコメントした。

ガンバ大阪時代に3度決勝を戦い、2度優勝している播戸氏は「難しい問題だと思います」とコメント。「代表に入ったことある選手、天皇杯決勝に行ったことある選手、カテゴリーとしていけない選手と色々いますが、一概には言えないかなと思います」と語り、選手の立場によっては考え方が変わるとした。

自身の思い出としては「3回決勝に出て2回優勝しましたが、元旦に決勝に出て優勝する、新年、晴れた空というのを思い浮かべます」と過去を回想。一方で「早く休みたい選手もいますし、W杯予選に臨みたいという代表選手もいるかもしれないです」とし、1月末から2月にかけて行われるカタール・ワールドカップ アジア最終予選に臨む日本代表選手の立場からも見解を述べた。

今大会については「今回で言えば12月1週目にリーグ戦が終わるので、コンディションも気持ちも含めて作りやすいかなと。スムーズに準決勝、決勝と行けると思います」と語り、リーグ戦からの流れで、天皇杯決勝まで行えることは良いことだと語った。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング