1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

リバプールの公式戦連勝が「4」でストップ…サラーがメモリアル弾も今季最多3失点でドロー《プレミアリーグ》

超ワールドサッカー / 2021年9月26日 3時40分

写真:Getty Images

プレミアリーグ第6節、ブレントフォードvsリバプールが25日にグリフィン・パークで行われ、3-3のドローに終わった。なお、リバプールのFW南野拓実はベンチ入りも出場機会はなかった。

前節、クリスタル・パレスを相手にマネのクラブ通算100ゴールなどで、3-0の快勝を収めたリバプール。さらに、ミッドウィーク開催のEFLカップでは南野の2ゴールの活躍によってノリッジに3-0で勝利した。

28日にチャンピオンズリーグ(CL)のポルト戦、次節リーグ戦でマンチェスター・シティとのビッグマッチを控える中、パレス戦からは先発4人を変更。負傷のチアゴ、コナテとツィミカス、ミルナーに替えてマティプ、ロバートソン、カーティス・ジョーンズ、体調不良から快復したアレクサンダー=アーノルドが復帰した。

プレミアリーグ初昇格ながら序盤戦で健闘光るブレントフォードとのアウェイゲームは、立ち上がりから見せ場満載のオープンな展開となる。

ボールを握って押し込む入りとなったリバプールは7分、C・ジョーンズの高い位置でのボール奪取からジョタが背後を狙うサラーへ完璧なスルーパスを通す。そのままボックス右に持ち込んだサラーはGKの股間を抜く左足のシュートを放ったが、これは必死の戻りを見せたDFアイエルのゴールライン上のスーパークリアに阻まれる。

すると、今度は攻守交替でブレントフォードに絶好機。11分、GKラヤからのロングボールをトニーが頭で背後のスペースに流すと、これに抜け出したムベウモが飛び出したGKアリソンを前に絶妙なチップキックのシュートを放つ。だが、今度はDFマティプが無人のゴールへ向かうボールを冷静にかき出した。

互いに同じような形から決定機を作り合った中、以降は攻めのアプローチは異なるものの、互いに縦への素早い攻めを意識してゴールの可能性を感じさせる攻防を繰り広げていく。

その流れの中で先手を奪ったのは、ホームのブレントフォード。27分、相手陣内右サイドで得たFKの場面で、サインプレーからカノスがボックス右に抜け出してマイナスのクロスを供給。これをニアのムベウモがヒールでファーに流すと、ゴール前の密集を抜けたボールを大外に走り込んだピノックが泥臭く押し込んだ。

リーグ戦で3試合ぶりとなる失点を喫したリバプールだが、すぐさまスコアをタイに戻す。31分、サラーのボールキープから右サイドで深い位置を取ったヘンダーソンが右足インサイドで浮き球の完璧なクロスを供給。これをうまくセンターバックの間にポジションを取ったジョタがドンピシャのヘッドで合わせた。

早い時間帯の同点ゴールで勢いづくアウェイチームはここから畳みかける。39分には相手ボックス内でのヘンダーソンのカウンタープレスからペナルティアーク付近でマイナスのパスを受けたC・ジョーンズが右足のシュート。左ポストを叩いたこぼれ球にゴール前のジョタが詰めたが、逆転ゴールかに思われたこのシュートはGKラヤが驚異的な反射神経ではじき出した。さらに、前半終了間際にもセットプレーから相手ゴールに迫ったが、前半のうちに試合を引っくり返すまでには至らなかった。

迎えた後半も前半同様に一進一退の白熱の攻防が繰り広げられるが、地力で勝るリバプールが先にゴールをこじ開ける。54分、相手陣内中央でボールを持ったファビーニョが背後を狙うサラーの動き出しに合わせて絶妙な浮き球のパスを通す。これをゴール前に抜け出したサラーが左足ダイレクトで合わせ、リバプールでのプレミアリーグ100ゴールを達成すると共に、クラブ歴代得点ランキングでも10位(131ゴール)に浮上した。
エースのリーグ戦4試合連続ゴールによってこの試合初めてリードを手にしたリバプールだが、このリードを守り切ることができない。63分に右サイドから上がったクロスをはじき出せずにゴール前で混戦を作られると、ヤンソンのクロスバー直撃のシュートのこぼれ球をヤネルトに頭で押し込まれる。

それでも、慌てないリバプールは再び攻勢を強めると、67分には波状攻撃からロバートソンの動き出しをオトリにしたC・ジョーンズがボックス手前左から強烈なミドルシュートをゴール左上隅に突き刺し、今季リーグ初スタメンの起用に応える大きな仕事を果たした。

そして、殊勲のC・ジョーンズを下げて負傷明けのフィルミノを投入し、ゲームをコントロールしつつ逃げ切り態勢に入る。77分にはマネのスルーパスに抜け出したサラーがGKラヤと一対一の絶好機を迎えるが、ややあっさりと放ったループシュートはクロスバーの上を越え、決定的な4点目を奪うことができない。

一方、ブレントフォードはオニェカ、ノルゴーアを下げてバチスト、ウィサと交代カードを切ると、この交代策がハマる。83分、2点目と似たような形で右サイドから入れたクロスに対して、トニーとウィサが競ると、DFアレクサンダー=アーノルドと競ったトニーがうまく潰れたこぼれをウィサがすかさずゴールへ蹴り込んだ。

今季公式戦最多となる3失点目を喫して試合を振り出しに戻されたリバプールは、再び勝ち越しゴールを目指して攻勢を強めていく。あわよくば勝ち点3を狙い前線にトニーを攻め残す相手のカウンターの脅威に晒されながらも、リスクを冒して攻撃に出る。試合終了間際の93分にはボックス左でマネが入れたグラウンダーの高速クロスが相手DFのオウンゴールを誘発しかけるが、ここはGKラヤの好守に阻まれた。

そして、互いに3ゴールずつを奪い合った白熱の一戦は3-3のドローに終わり、公式戦の連勝が「4」でストップしたリバプールは、暫定首位に浮上。翌日のブライトンの結果次第では首位で次節シティとの大一番に臨むことになった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング