1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

「今日の審判がベストだったとは思えない」終了間際のPKでCL2連敗のミラン…指揮官は判定に不満

超ワールドサッカー / 2021年9月29日 12時53分

写真:Getty Images

ミランのステファノ・ピオリ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)での敗北に失望感を露わにした。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。

ミランは28日に行われたCLグループB第2節でアトレティコ・マドリーと対戦。前節リバプールに敗れるも好パフォーマンスを見せたチームは、この日も立ち上がりから相手を圧倒し、FWラファエウ・レオンのゴールで先制に成功した。しかし、その後29分にMFフランク・ケシエが退場すると状況は一変し守勢に回ることに。終盤まで守備陣が奮闘したものの、84分に同点とされると後半アディショナルタイムには微妙な判定からPKを献上し、1-2で敗れた。

この結果、CL連敗となったミランはグループステージ最下位となっており、決勝トーナメント進出が遠ざかっている。

試合後にピオリ監督は、2試合続けて内容に見合った結果を得られていないことに落胆。チームは着実な成長を遂げているものの、まだ何かが足りないと嘆いた。

「怒りではなく、失望している。非常に強いチームを相手にもう少しで良い結果を得られるところだったからこその失望だ。最初の失点はエリア内に多くの選手がいたのだから、もう少し注意を払うべきだった。選手たちは重要な努力をしてくれたことを考えると、この結果は申し訳なくなる。それに、順位が複雑な状況になってしまうね」

「レッドカードといくつかのナイーブさを除けば、前半30分は素晴らしいサッカーをしていた。その後、相手が多くの選手を使って攻撃してくると、数的不利な我々は劣勢になってしまった。これはファンにとっても選手にとっても残念なことだ。アトレティコより良いプレーをして、自信を持って試合に臨むこともできたが、トップに立つにはまだ何か足りない」

また、ピオリ監督はこの試合で笛を吹いた主審への不満を吐露。特に最後のPKでは、ハンドを取られたDFピエール・カルルより先にアトレティコのMFトマ・レマルの手にボールが当たっているように見えたが、VARでも判定が覆らなかったのは間違いだったと語っている。

「PKについて? 最初にボールに手で触れたのはレマルだったと思うがね。ケシエの退場? 私にはわずか30分で2枚目のイエローカードを出すほどのものには見えなかった。今日の審判は、フィールド上でベストだったとは思えない」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング