1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

悪意ある?ハキミのシティ戦勝利投稿に波紋「グリーリッシュの傷に塩を」

超ワールドサッカー / 2021年9月30日 12時40分

写真:Getty Images

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するモロッコ代表DFアクラフ・ハキミのSNS投稿が波紋を呼んでいる。

PSGは28日に行われたCLグループA第2節でマンチェスター・シティと対戦。ハキミは右サイドバックとしてフル出場し、シティのイングランド代表MFジャック・グリーリッシュとマッチアップした。

シティ戦のハキミは持ち前のスプリント能力で攻撃面で能力を発揮していたが、守備面でもグリーリッシュ相手に強度高く対応し、何とか無失点に抑えると、68分に交代に追いやった。

そのハキミは試合後、自身のSNSを更新。シティ戦勝利を喜んだのだが、ハキミがピックアップしたのは、ピッチに倒れるグリーリッシュとボールを奪う自身の写真だった。他にチームの集合写真なども投稿しているが、1枚目に選んだグリーリッシュとの写真が最も目立っている。

この写真は53分の場面で、ハキミがグリーリッシュのパスをカットし、そのままファウルなしでボールを奪う場面だった。

ハキミがどういう意図でこの写真を選んだのかは不明だが、イギリス『SPORTBIBLE』も「ハキミがSNSでグリーリッシュの傷に塩を塗った」と伝えている。

両者は11月に行われる第5節で再び対戦。2人のマッチアップはより一層注目が向けられそうだ。

【写真】これは悪意あるかも?ハキミがSNSに上げたグリーリッシュの青天シーン


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング