1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

W杯予選で2敗は前回大会の1回だけ/六川亨の日本サッカー見聞録

超ワールドサッカー / 2021年10月7日 20時0分

写真:©︎JFA

よいよ今夜は26時からカタールW杯アジア最終予選のアウェー・サウジアラビア戦である。直前になって堂安律がケガのためチームを離脱したが、森保一監督は26人の選手を招集して“万が一"に備えていただけに、彼の代わりは浅野拓磨や三好康児らが務めることになるだろう。

そのサウジ戦の詳細はさておき、改めてW杯予選の歴史を振り返ってみたい。

現地入りしている選手らは、口々に勝利を絶対条件にあげていた。例えば南野拓実は「今回は何が何でも勝点を取って帰らないといけない。それも勝点1ではなく勝点3。2試合とも勝たないといけない」と決意を語っていた。

やはり初戦でオマーンに敗れたことで、選手らの危機感はかなり募っているようだ。ただ、ベテランの吉田麻也は、勝ちに行っての引き分けならオーケーと余裕を見せる。アウェーでは引き分け、ホームで確実に勝つのが予選を勝ち抜くための鉄則でもある。その意味で、連勝中のサウジとオーストラリア相手に勝点を失うことだけは絶対に避けなければいけない。

で、W杯予選である。改めて振り返ると、日本は紆余曲折を経ていたことが分かる。初出場となったフランスW杯予選では、加茂周監督がわずか4試合で更迭された。初戦のウズベキスタン戦ではカズの4ゴールなどで6-3と圧勝した。第2戦のアウェーUAE戦は、9月の酷暑に「足が動かなかった」と加茂監督が振り返ったように0-0のドロー。そしてホームでの韓国戦は山口素弘の芸術的なループで先制しながら逆転負けを喫した。そして運命のカザフスタン戦。秋田豊のゴールで先制しながら、後半ロスタイムにヴィクトル・ズバレフのゴールで1-1の引き分けに終わった。

ホームで韓国に負けたのは痛恨だったが、アウェーでのドローは悪いことではない。しかし当時の長沼健JFA(日本サッカー協会)会長らは、「流れが悪い」として加茂監督の更迭を決断。残り4試合をコーチだった岡田武史に託した。今さらながら、この決断の早さには驚かされる。当時は長沼会長に加え川淵三郎JFA副会長、途中からは岡野俊一郎JFA副会長も現地に駆けつけたのだから、いかに中央アジアでの2試合を重視していたか分かる。

岡田監督は続くウズベキスタン戦は逆に終了間際に同点に追いついたものの、ホームのUAE戦は1-1で引き分けたため自力での予選突破が消滅。試合後の国立競技場の正面玄関前には興奮したサポーターが集まり、カズの愛車へ投石するなど暴徒化する一幕もあった。

しかしアウェーの韓国戦に2-1と勝利すると、最終戦のカザフスタンにも5-1と圧勝してイランとの第3代表決定戦に勝ち進んだのだった。

ジーコ・ジャパンが挑んだドイツW杯予選では、初戦の北朝鮮をホームで2-1と撃破するも、第2戦のアウェー・イラン戦は1-2と敗れ、早くも1敗を喫してしまう。10万人収容のアザディ・スタジアムは異様な雰囲気だったことを今でも鮮明に覚えている。

しかしその後はバーレーンにホームとアウェーとも1-0で連勝してW杯出場に王手をかける。続くアウェーの北朝鮮戦は、中立地のバンコクで、無観客で行われた。というのも北朝鮮はホームのイラン戦で主審の判定に怒ったサポーターがピッチに物を投げ込むなど暴徒化。それを重く見たFIFAは第3国での無観客試合というペナルティを科したからだった。

スタジアムには入れないものの、ウルトラスのメンバーはスタジアムの外から声援を送る。試合は柳沢敦と大黒将志のゴールで2-0と完勝。世界最速でW杯出場を決め、最終戦のイランにもホームできっちり2-1と雪辱した。

病に倒れたイヴィチャ・オシムからバトンを受け取った岡田監督は、最終予選の初戦でアウェー・バーレーン戦に3-2の勝利を収めると、ホームでのウズベキスタン戦は1-1で引き分けたが、アウェーのカタールに3-0、ホームのオーストラリア戦は0-0と、アウェーできっちり勝点3をモノにした。第5戦のバーレーンをホームで1-0と撃破してW杯出場にリーチをかけると、続くアウェーのウズベキスタン戦も1-0の勝利を収めて4大会連続しての出場を決めた。

田中マルクス闘莉王、中澤佑二という屈強なCBを擁し、左SBは長友佑都がレギュラーポジションをつかんだ。中盤は遠藤保仁、長谷部誠がコントロールし、中村俊輔こそケガで出番が限られたが、本田圭祐という“ゼロトップ"が機能して、02年以来のベスト16に進出。パラグアイとのPK戦ではパラグアイが5人全員決めたのに対し、日本は駒野友一のシュートがクロスバーに嫌われ3-5で敗れた。

予選に話を戻すと、W杯出場決定後のカタール戦(ホーム)は1-1で引き分け、最終戦のアウェー・オーストラリア戦は1-2と初黒星を喫した。

代表監督に就任して半年でアジアカップに優勝するなどアルベルト・ザッケローニはW杯予選でも好調な滑り出しを見せた。ホームの初戦でオマーンを3-0と撃破すると、続くヨルダンも6-0と粉砕。ライバルであるオーストラリアとのアウェーゲームも1-1で引き分け、ホームでのイラク戦は1-0、アウェーのオマーン戦は2-1と早くもW杯出場に王手をかけた。

しかしホームで6-0と圧倒したヨルダンだったが、彼らもホームでは意地を見せ2-1で日本から勝利を奪った。それでもザック・ジャパンはホームでのオーストラリア戦を1-1で引き分けてW杯出場を決めた。さらにアウェーのイラク戦も1-0で勝って有終の美を飾った。

こうして振り返ってみると、フランス、ドイツ、南アフリカ、ブラジルの4大会のアジア最終予選で、日本は1敗しかしていない(逆に無敗もない)。ところが前回のロシアW杯では、ホームの初戦でUAEに1-2と敗れ、さらにW杯出場を決めていたとはいえ最終戦でサウジアラビアに0-1で敗れた。予選で2敗を喫したのはロシアW杯が初めてだ。

果たして今夜のサウジ戦と、12日のオーストラリア戦はどのような結果になるのか。ちなみにW杯アジア最終予選でサウジと戦うのは今回で3回目(あとの1回はアメリカW杯予選)だが、直近の19年アジアカップでは1-0と勝利したものの、シュート数で5対15、ボール支配率でも23%対77%と一方的に支配された。ただ、オマーン戦を見るとかなり攻め込まれていたので、意外とサウジの守備は脆いかもしれない。


【文・六川亨】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング