1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

「二度とこんな事がないリーグに」6年も封印されていたセクハラ問題に元なでしこFW川澄奈穂美が抗議、宝田沙織や横山久美も

超ワールドサッカー / 2021年10月8日 11時20分

写真:Getty Images

元なでしこジャパンのFW川澄奈穂美が、アメリカのナショナル・ウーマンズ・サッカーリーグ(NWSL)で問題視されているセクハラ問題について言及した。

現地時間6日、NJ/NYゴッサムFCvsワシントン・スピリットの一戦が行われ、主審は試合開始6分に試合を一時中断。その後、ベンチメンバーを含めた両チームの選手たちがピッチ中央へと集合した。

ハラスメント問題への抗議のため、センターサークル付近でチームの境なく肩を組む選手たち。現役引退を発表したカーリー・ロイドをはじめ、川澄奈穂美(ともにNJ/NYゴッサムFC)や宝田沙織、横山久美(ともにワシントン・スピリット)らも輪に加わり、およそ1分半にわたって抗議を行っていた。

この件について、川澄は自身のツイッターを更新。セクハラ根絶へ向けての抗議活動を行ったと明かした。

「現在、NWSLでセクハラ問題が起きています。それに対し、選手たちが一丸となって立ち向かうことを今日の試合中に意思表示しました。問題が封印されていた“6”年間にちなみ、前半“6”分に両チーム選手が集まり円陣を組みました。被害者をサポートし、二度とこんな事がないリーグに」

NWSLでは、監督によるセクシャルハラスメントやパワーハラスメントなどが相次いで報告されており、9月28日にはワシントン・スピリット内でハラスメント防止ポリシーの違反が発覚し、リッチー・バーク監督が解任。10月1日にはノースカロライナ・カレッジのポール・ライリー監督が、「非常に深刻な不正行為」の疑惑により解雇されていた。

【動画】川澄奈穂美ら日本人選手もリーグ内で横行していたセクハラ問題に抗議

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング