1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

今季存在感発揮のツィミカス、リバプール加入当時を回想「父と兄の夢を叶えられて嬉しかった」

超ワールドサッカー / 2021年10月13日 14時17分

写真:Getty Images

リバプールのギリシャ代表DFコンスタンティノス・ツィミカスが、クラブに加入した当初の思い出や現在の充実について語った。クラブ公式サイトが伝えている。

ツィミカスは昨夏にオリンピアコスからリバプールへ加入。絶対的な主軸であるDFアンドリュー・ロバートソンの負担を軽減する役割が期待されていたが、新型コロナウイルス(COVID-19)感染や負傷によりほぼ戦力として計算されず。公式戦7試合の出場にとどまり、プレミアリーグでのプレーはわずか6分間となった。

巻き返しを誓い臨んだ今シーズンは、すでに公式戦5試合に出場しており2アシストを記録。プレミアリーグでも3試合でスタメン出場するなど、ユルゲン・クロップ監督の信頼をつかみつつある。

充実のシーズンを送るツィミカスは、クラブ公式サイトのインタビューに応じた際、チームに貢献できている現状に対して喜びを露わに。継続して試合に出場しつつ、タイトルを獲得したいと意気込みを語っている。

「今季最初に立てた目標は、昨季より多くの試合に出場することだった。そして人生でもっとも重要な目標の一つは、健康でいることさ。まずは健康であること、次にアシストすること、そして全試合に勝つこと、これがシーズンの目標だ。そして、このチームでトロフィーを獲得することは僕にとって最大の夢の1つだね」

「去年は負傷や新型コロナウイルス感染に加えてチームが厳しい状況にあったから、試合に出られなかった。でも、今はとても幸せだ。まずは自分自身に、すべてのことができると示せたからね。そのことにとても満足している」

また、ツィミカスはリバプール加入が決まった当時を回想。リバプールファンである家族に幸福をもたらせたことに満足しつつ、リバプールファンの声援が噂通りだったことを喜んでいる。

「リバプールへの移籍は非常に大きなステップだから、ギリシャ中の人が驚いていたよ。中には、それが現実になると信じていない人もいた」

「何年もかけてやってきた仕事が報われたのだから、とても嬉しく誇りにも思ったよ。僕の家族を幸せにできたしね。家族にとっても非情に特別な出来事だった。もちろん僕にとっても、本当に嬉しいことだったよ」

「ビッグクラブでプレーすることは、大きな夢の1つだった。そしてそれがリバプールだったら良いなとも思っていたんだ。なぜなら、父と兄は僕が幼い頃からリバプールの大ファンだったからね。彼らの夢を叶えることもできて、二重の喜びだった」

「スタジアムのファンの存在は素晴らしかった。話には聞いていたけど、実際にピッチに立って、スタジアムいっぱいの観客と一緒にプレーしたときの感覚は最高だったよ。足に翼が生えたような感覚になってピッチ上を飛び回り、あらゆるチャレンジに勝利するための特別な力を与えてくれる場所だ」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング