1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

ゲーマーのグリーズマン、『FIFA 22』では自身を中盤に起用し右サイドはデンベレ

超ワールドサッカー / 2021年10月15日 7時15分

写真:Getty Images

アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが今月発売されたばかりのサッカーゲーム『FIFA 22』に興じている。

ゴールパフォーマンスにゲーム内の動きを取り入れるなど大のゲーム好きとして知られているグリーズマン。これまでは『ウイニングイレブン』シリーズをプレーしていたが、今シーズンは『FIFA 22』を遊んでいる模様。自身のSNSにスカッドの画像を投稿し、「?」とファンに助言を求めた。

グリーズマンが並べた布陣は[3-5-2]のシステムで、GKには同僚のスロベニア代表GKヤン・オブラクを起用。3バックにはレジェンドを揃え、元イタリア代表DFファビオ・カンナバーロ、元フランス代表DFローラン・ブラン、元オランダ代表MFフランク・ライカールトを並べた。

中盤のダブルボランチにはグリーズマン自身と同僚のスペイン代表MFマルコス・ジョレンテの2人を配置し。2列目は左から元オランダ代表FWマルク・オーフェルマルス、元イタリア代表MFロベルト・バッジョ、そしてバルセロナ時代の同僚であるフランス代表FWウスマーヌ・デンベレを起用した。

また、最前線は元ブラジル代表FWロナウドと元カメルーン代表FWサミュエル・エトーの2トップというなんとも豪華な布陣だ。

『FIFA』シリーズには、能力値だけでなく、ケミストリーと呼ばれるポジション適正や隣り合う選手同士の属性(国籍、リーグ、クラブ)によって決まる要素もあるが、グリーズマンは良いアドバイスを貰えたのだろうか。

10日に行われたUEFAネーションズリーグ・ファイナルズ決勝のスペイン代表戦に先発出場し、優勝に貢献したグリーズマンの次の試合は17日に行われるラ・リーガ第9節のグラナダ戦。それまでもう少しの間ゲームに没頭することができそうだ。

◆グリーズマンの『FIFA 22』スカッド

GK
ヤン・オブラク
DF
ファビオ・カンナバーロ
ローラン・ブラン
フランク・ライカールト
MF
アントワーヌ・グリーズマン
マルコス・ジョレンテ
マルク・オーフェルマルス
ロベルト・バッジョ
ウスマーヌ・デンベレ
FW
ロナウド
サミュエル・エトー

【画像】各選手の能力は?グリーズマンの『FIFA 22』スカッド


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング