1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

“負の5年周期”が遂に止まる! アビスパ福岡が降格経験後初のJ1残留を決める

超ワールドサッカー / 2021年10月16日 22時20分

写真:©︎J.LEAGUE

アビスパ福岡に5年周期で訪れていた“負の連鎖”が、初めてストップした。

16日、明治安田生命J1リーグ第32節が行われ、福岡はアウェイでヴィッセル神戸と対戦した。

この試合に勝てば初のJ1残留が確定する中、試合はゴールレスで推移。しかし、86分にドウグラスがゴールを決め、神戸が1-0で勝利を収めていた。

勝利という結果を残せなかった福岡だが、この日行われたサガン鳥栖vs湘南ベルマーレが1-1のドロー、横浜FCvs徳島ヴォルティスが5-3で横浜FCの勝利に終わったことにより、初めてJ1残留を手にすることが確定した。

32試合を終えて福岡の勝ち点は「46」。降格圏の最上位にいる湘南の勝ち点は「28」となっており、両者の勝ち点差は「18」となった。残り試合は6試合であり、直接対決はないため、湘南は最大で勝ち点「46」に到達することができる。

しかし、6試合の対戦相手に現在は残留ラインの16位にいる徳島が含まれており、勝ち点は「29」。徳島と福岡の直接対決もないが、徳島が湘南に敗れるという計算になるため、徳島の勝ち点は最大でも「44」で止まり、福岡を抜けず。仮に徳島が全勝した場合は勝ち点「47」となるが、湘南の勝ち点が「43」で止まるため、福岡のJ1残留が確定した。

福岡は、1995年に福岡ブルックスとしてJFLで優勝。これによりJリーグ加盟が決まり、アビスパ福岡へと名称が変更となるが、2001年にJ2へと降格する。

その後、2005年に昇格を掴むが、2006年に降格、2010年に昇格を果たすが、2011年に降格、さらに2015年にも昇格を果たすが、2016年に降格と、3回連続で1年でJ1の挑戦が終わり、残留を掴むことができていなかった。

そんな中、2020年にまたしても5年に1度の昇格を果たし、長谷部茂利監督に率いられる今シーズンに大きな注目が集まっていたが、ついにJ1残留を掴み、晴れて2年目を過ごすことが確定した。

【SNS】福岡もJ1残留を報告

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング