1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

ケイン&ソン初揃い踏みのスパーズが新生ニューカッスル撃破! 昏倒の観客救ったレギロンとダイアーにも賛辞《プレミアリーグ》

超ワールドサッカー / 2021年10月18日 2時52分

写真:Getty Images

プレミアリーグ第8節、ニューカッスルvsトッテナムが17日にセント・ジェームズ・パークで行われ、アウェイのトッテナムが2-3で逆転勝利した。
 
トッテナムはインターナショナルマッチウィーク前に行われた前節のアストン・ビラ戦を2-1で競り勝ち、連敗を「3」でストップ。トップ4圏内浮上も可能な8位に順位を上げている。連勝を目指す今節は7日にサウジアラビア政府系ファンドの買収が決定し、世界的な注目を集める19位のニューカッスルのホームに乗り込んだ。
 
なお、15日に匿名の2選手の新型コロナウイルス陽性判定が報じられたトッテナムだったが、試合直前に2選手が偽陽性であることを公表。カタールW杯南米予選帰りの選手たちも無事メンバー入りし、ビラ戦と全く同じスタメンを採用。最前線にケイン、2列目にルーカス・モウラ、エンドンベレ、ソン・フンミンが並ぶ[4-2-3-1]を継続した。
 
新オーナーのお披露目にブルース監督のキャリア1000試合目と高いモチベーションで臨んだホームチームが、キックオフ直後から驚異的なプレー強度でアウェイチームに襲い掛かった。そして、開始2分には左サイドでルーズボールを拾ったジョエリントンからウィロック、サン=マクシマンと右サイドへボールを展開。果敢なオーバーラップからマンキージョがボックス右で上げた高速クロスを、DFロメロの死角からゴール前に飛び込んだウィルソンがダイビングヘッドで叩き込んだ。
 
新生マグパイズの勢いと、球際の激しいプレーを流す傾向のあるレフェリングの影響もあり、以降数分に渡ってバタつく状況が続くトッテナム。それでも、10分を過ぎた辺りからニューカッスルの勢いが止まり始めたこともあり押し返していく。
 
そして、13分にホイビュルクが最初の枠内シュートを放つと、17分にはダイアーからのロングフィードを左サイド深くで収めたレギロンが中央でフリーのエンドンベレの足元へすかさず繋ぐ。ここでうまく身体を右へ倒しながらシュートコースを作ったフランス代表MFの強烈な右足のシュートがゴール右隅の完璧なコースを射抜いた。
 
早い時間帯に追いついたトッテナムはさらに畳みかける。22分、ハーフウェイライン付近でフリーとなったホイビュルクが動き直して背後を狙うケインへ絶妙な浮き球のパスを供給、ボックス内に侵攻したケインはGKダーローの寸前で右足アウトを使ったロブシュートを無人のゴールへ流し込んだ。当初、このプレーはオフサイドと判断されたが、VARのレビューの結果、右サイドバックのマンキージョがわずかに残っていたとの判断からゴールが支持された。
 
ケイン待望の今季リーグ戦初ゴールによってスタジアムの空気を一変させたトッテナムは、気落ちするニューカッスルを相手にようやくゲームの主導権を掌握。サン=マクシマン、ウィルソンを起点に要所で鋭い仕掛けを見せるニューカッスルの攻撃に晒されるものの、スキップやレギロンらの好守で2失点目は許さず。逆に、39分には序盤から良いフィーリングを見せていたセットプレーの場面でルーカスがクロスバー直撃のヘディングシュートで3点目にも迫った。
 
そういった流れの中で思わぬアクシデントが発生。セント・ジェームズ・パークの東スタンドで観客が心臓発作を起こしたか昏倒。ざわつくスタンドの状況に気が付いたレギロンがマリナー主審に状況を伝えると、緊急事態を把握した主審が試合の一時中断を決断。さらに、ダイアーはベンチサイドに走って行き運営スタッフに対して、AEDを持っていくことを指示した。
 
その2選手の機転や医療スタッフ、スチュワードらの尽力もあり、応急処置を受けた観客は安定した状態で無事近くの病院に緊急搬送され、試合は10数分の中断を経て無事に再開となった。
 
アディショナルタイム7分をプレーする形で試合が再開された中、トッテナムがさらに一歩前に出る。前半アディショナルタイム4分、右サイドでホイビュルク、エンドンベレ、ルーカスと細かく繋ぎ、ボックス右に走り込むケインへスルーパスが通る。ここでケインは冷静にファーへ走り込む味方への折り返しを選択すると、ソン・フンミンがワンタッチで流し込んだ。
 
多くのトピックがあった前半を経て試合はトッテナムの2点リードで後半に突入する。ホームチームがエンジン全開の入りを見せた前半とは打って変わって、後半はトッテナムがボールを保持してゲームをコントロールしていく。
 
立ち上がりから相手ボックス付近で積極的にシュートを放っていくトッテナムは60分に決定機。ボックス左で細かな仕掛けを見せたエンドンベレが右足を振り抜くが、これは惜しくも枠を外れる。
 
その後、ホームで何とか勝ち点を拾いたいニューカッスルがシェルヴェイ、フレイザー、マーフィーと早い段階で3枚のカードを使い切る。だが、サン=マクシマンの個人技以外になかなか攻め手を見いだせない。さらに、83分にはレギロンのカウンターチャンスをファウルで止めたシェルヴェイが20分ちょっとのプレータイムで2枚目のカードをもらい、痛恨の退場となった。
 
2点のリードに加えて数的優位まで手にしたトッテナムは、選手交代を行うことなく試合をクローズにかかる。その中で89分にはニューカッスルのFKの場面でボックス内でのクリアを試みたダイアーが頭に当てられずヒザに当たったボールが自軍ゴールネットを揺らし、痛恨のオウンゴールを献上。
 
これにより、再びニューカッスルに戦うエネルギーを与えてしまったものの、1点差を維持して逃げ切った。そして、新生マグパイズを敵地で退けたトッテナムがリーグ2連勝を飾った。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング