1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

EL3連勝で首位キープのウェストハム、モイーズ監督も称賛 「プレーを見ていて、とても楽しかった」

超ワールドサッカー / 2021年10月22日 11時38分

写真:Getty Images

ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督がヨーロッパリーグ(EL)での好調を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。

ウェストハムは21日に行われたELグループH第3節でヘンクと対戦。ここまで連勝中のチームは、この日も前半終了間際にDFクレイグ・ドーソンのゴールで先制に成功する。後半にも2ゴールを追加したチームは最後まで相手の反撃を許さず、3-0で勝利した。

これで3連勝を飾り、決勝トーナメント進出に大きく前進。試合後のインタビューに応じたモイーズ監督は喜びを露わにし、優れたパフォーマンスを発揮する選手たちを称えている。

「試合を見て、選手たちのプレーを見て、とても楽しかったね。全体的なパフォーマンスと結果に、私はワクワクしているよ。我々は良い仕事をしており、選手たちもまた自分が良い仕事をしていると理解している。すべての選手が本当に良くやってくれた」

「選手たちはヨーロッパリーグの試合を楽しんでいると思う。我々は試合に臨む際、大人しくしているつもりはない。プレミアリーグと違い対戦する選手やチームについて詳しく知っているわけではなく、審判がどんな反応するかもわからない。すべてが新鮮だ。ただ、選手たちはそれを受け入れている」

また、モイーズ監督は突破の可能性について言及。まだ何も決まっていないとしつつ、ここまでの結果に満足感を示した。

「これからアウェイでヘンクやラピド・ウィーンと戦わなければならず、何事も当然起こるとは思っていない。それでも、3試合を終えて勝ち点9を得たことは我々にとって素晴らしいよ」

「前にも言ったが、我々はできることならクリスマスの後にも欧州カップ戦でプレーがしたい。グループステージを勝ち抜けば、さらに次のラウンドに進むことができ、より良い結果になるだろう。今のポジションには満足しており、この状態が続くことを祈っている」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング