1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

首位熊本が13試合ぶりの黒星でつまづく…2位宮崎も勝ち点1を積むにとどまる【明治安田J3第25節】

超ワールドサッカー / 2021年10月31日 17時20分

明治安田生命J3リーグ第25節の5試合が31日に各地で行われた。

ここ12戦負けなしで首位をひた走るロアッソ熊本は8位につける鹿児島ユナイテッドFCとのアウェイ戦。ポストに嫌われるなどのツキにも見放され、ゴールレスで試合を折り返した熊本は後半も攻めに出たが、81分にバイタルエリア中央から米澤が右足ミドルを決め、鹿児島が均衡を破った。追いかける熊本だが、鹿児島に逃げ切られ、13試合ぶりの黒星。首位の座こそキープしたが、下からの突き上げを許す結果に終わった。

その熊本を3ポイント差で追いかける2位のテゲバジャーロ宮崎はホームで10位の藤枝MYFCと対戦。藤枝の攻勢を凌ぐ展開が続いた宮崎だが、45分にカウンターから前田のパスを受けた藤岡が右足シュートでネットを揺らして、先制する。追いかける藤枝は49分に選手数人が絡むパスワークで中央突破を試みると、バイタルエリア中央の岩淵が後方からの浮き球パスに右足ダイレクト。これが風にも乗って、相手GKの頭上を越えてゴールに吸い込まれ、藤枝が追いついた。互いに譲らずの攻防戦となったが、2点目が遠く、1-1で終了。首位の熊本が敗れたため、一気に詰め寄るチャンスが巡った宮崎だが、勝ち点1を得るにとどまった。

そのほか、逆転昇格に望みを繋ぎたい6位のFC岐阜はアウェイで12位のアスルクラロ沼津と対戦。26分に柏木が獲得したFKのクイックリスタートからボックス内で深堀がヘディングで合わせて、岐阜が先制点する。しかし、後半は沼津がボールを握る時間が多く、78分に右CKからのクロスにニアの深井が右足ダイレクトで合わせ、Jリーグ初ゴールで同点。先制ゲームをモノにできなかった岐阜は2連勝とはならず、上位に迫れなかった。

◆第25節
▽10/31(日)
AC長野パルセイロ 3-2 ガイナーレ鳥取
アスルクラロ沼津 1-1 FC岐阜
テゲバジャーロ宮崎 1-1 藤枝MYFC
カマタマーレ讃岐 0-0 FC今治
鹿児島ユナイテッドFC 1-0 ロアッソ熊本

▽10/30(土)
いわてグルージャ盛岡 2-1 福島ユナイテッドFC
カターレ富山 0- 1 Y.S.C.C.横浜

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください