1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

ポイントは「試合の入り」と語るDF長友佑都、合流直前に対戦したFW前田大然を「世界でも数少ない強い武器を持っている」と称賛

超ワールドサッカー / 2021年11月9日 15時20分

写真:©︎CWS Brains, LTD.

日本代表は8日夜、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に向けて第二陣がベトナムへと入国した。

8日は5人でのトレーニングとなった中、夜には12名が合流。9日からトレーニングもしっかりとできることとなる。

9日、メディアのオンライン取材にDF長友佑都(FC東京)が登場。8日にもトレーニングを行ったが、「移動はすごく楽で疲れも感じていないですし、中3日間トレーニングできて調整できるのは、僕としてはコンディション作りを考えても凄く大きいです」とコメント。「気候も思ったより涼しく、湿気も少ないので、良い環境かなと思います」と、それほど苦しい環境ではないようだ。

11日に対戦するベトナム代表については「さっきも試合を観ましたが、後ろのスペースはしっかり消して、前もボールが運べる選手、アジリティのある選手、スピードのある選手がいる」と守備陣としては警戒すべきポイントがあると言い、「攻めた後のカウンターは彼らの強みなので、ケアや連動をしっかりしないと、難しい試合になると思います」と、警戒を怠ってはいけないとした。

また、2019年1月のアジアカップでも対戦しているが「アジアカップの時の彼らの印象が強くあって、非常に良いチームで、前半でも点を取られてもおかしくないチームで、チャンスもたくさん作られました。試合には勝てましたけど、非常に難しい試合で、強かったなという印象です」と、実際に戦っている印象も強いものだとコメント。ここまでは予選で4連敗となっているベトナムだが「彼らが勝ち点を取れていないというのは不思議だなと感じています」と語った。

日本は10月にオーストラリア代表に勝利し、なんとか踏み止まった状況。改めてオーストラリア戦については「オーストラリア戦では、その前の3試合で2敗してしまって、難しい状況、メンタリティの中でみんなで切り替えて素晴らしいスピリットを見せて試合ができました」と語り、「逆境を1つ跳ね除けた、リバウンドメンタリティを見せられたことはチームとして自信になりますし、キッカケが見えた試合ができたかなと思っています」と、浮上のキッカケになるだろうと語った。

それでもグループで4位、この11月は連勝が必要な状況には変わりない。「ただ厳しい状況には変わりないので、この2試合は2連勝で勝ち点6を積み上げないと厳しい状況は変わらないので、気を引き締めて、オーストラリア戦のような緊張感と試合の入りをしなければいけないと思います」と、しっかりと意識して臨む必要があるとした。

そのオーストラリア戦では[4-3-3]と布陣を変えて臨んだが、その継続については「[4-2-3-1]のベースがありますし、[4-3-3]はオーストラリア戦で良い部分がたくさん出たので、オプションをどっちもあるのは相手も研究しづらいと思います」と、相手にとっても頭を悩ませることになるだろうと語った。

ただ、ビルドアップを含めてチームが好転したのは事実。「中盤がボランチ3枚になったので、中で時間を作れたり、中でのパス回しができることによって、僕が高い位置を取る時間ができたのが大きかったです」とコメント。「中盤で支配できないと僕らも高い位置は取れないので、そういう意味ではタメも作ってくれて、制度のある選手たちが中盤にいたので、僕も安心して高い位置を取れたと思います」と、自身も攻撃参加しやすかったと振り返り「気持ちよかったです。出して欲しいというシーンはたくさんありましたが、出なくても逆サイドに展開して、組み立てて、逆サイドで打開したり、バランスのとれた攻撃はすごくできていたと思います。僕自身も気持ち良く、攻撃することができましたし、連動性はもっと高めれば、まだまだ良いサイド攻撃ができると思います」と、よりサイド攻撃を生かしていきたいと語った。

そんなかで、ベトナム戦で見せたいプレーについては「これまでも難しい状況とか逆境を何度も乗り越えてきたので、チームでも難しいことがあっても代表で切り替えてやってきましたし、2008年からやっていることなので、頭を切り替えるということは慣れています」と語り、「その中で今はしっかり切り替えて代表に集中していますし、ベトナム戦でも試合に出れば、攻守においてチームに貢献できるように、躍動できるように頑張りたいと思います」と、チームのために戦いたいと語った。

その2008年では、北京オリンピックの予選でベトナムとアウェイで対戦している長友。この環境を唯一経験しているわけだが、当時については「ハッキリ明確に覚えているわけではないですが、凄く盛り上がっている雰囲気はあったなと。東南アジア特有の盛り上がりと熱気に包まれた中で試合をしていたイメージがあります」とファンの後押しが凄かった印象があるようだ。

今回の試合では1万5000人のファンが入る予定だが、雰囲気に飲まれることはないだろうと語る長友。「サウジ戦も満員でしたが、雰囲気で飲まれているという印象なかったです。ただ、チームとしてボールを簡単に取られてしまったりという課題はありましたが、雰囲気に飲まれたかというと、そうではないと思います」とし、「その中でもオーストラリア戦も含めてホームで凄く良い雰囲気でした。オマーン戦を含めて厳しい悔しい思いをしているので、みんな厳しいことは分かっていると思いますし、オーストラリア戦のような試合の入りをしないといけないです」と、しっかりと試合に入ることが大事だとした。

そのベトナムは中央を固める守備が特徴で、5バックで幅を使わせないというよりは、中に絞る傾向が強い。対策としては「ブロックを作って中を締めてきますが、外は逆に勝負できるなという印象があります」と語り、「あとは裏への対応がちょっと見えてきたので、中も大きい選手はいないですし、クロスも良い質のものを上げれば得点につながると思うので、サイド攻撃と裏をいかに狙えるかはチームとしてしっかりと話し合っていきたいと思います」と、日本の攻撃のポイントを語った。

また、合流前最後の試合では横浜F・マリノス相手に8失点で惨敗を喫した長友。その試合でハットトリックを記録したFW前田大然も今回は日本代表に招集されている。

前田について対戦相手として感じたことについては「早いだけじゃなく、裏へ飛び出すタイミング、継続性。スプリントを何度もできる、守備もできるのは、敵として非常に厄介な相手だなと初めて対戦して思いました」とコメント。「あの試合も55回ぐらいスプリントしていて、それは世界レベルでも相当トップレベルだと思います。筋肉も遅筋と速筋がありますが、どっちも高いレベルで備えていると思います。なかなか世界でも数少ない強い武器を持った選手です」と、世界のアタッカー陣と対峙してきたディフェンダーとして、とても高い評価を下した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください