1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

カルバハルはチャビ帰還を歓迎! パリへ旅立ったメッシ&S・ラモスについても言及

超ワールドサッカー / 2021年11月11日 7時0分

写真:Getty Images

レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFダニエル・カルバハルは、バルセロナのチャビ・エルナンデス新監督招へいを歓迎しているようだ。スペイン『アス』が伝えている。

今シーズン開幕から低迷が続くバルセロナは、ロナルド・クーマン前監督を解任し、クラブのレジェンドである前アル・サッド指揮官のチャビ監督を新指揮官として招へいした。

チャビの帰還はラ・リーガにとって注目すべきトピックだが、やはり宿敵であるマドリーの選手にとっても元スペイン代表MFが率いる新生ブラウグラナは気になる存在のようだ。

現在、スペイン代表に招集中のカルバハルは、スペインのラジオ局『Cadena SER』の番組“El Larguero”のインタビューで、新生バルセロナについて言及。あくまで自チームの成功が大前提としながらも、敵将の幸運を心から祈っている。

「チャビがラ・リーガに戻って来ることは良いことだよ。彼はバルセロナ、ラ・リーガで非常に重要なプレーヤーだったからね。そして、彼は僕らのリーグにプラスアルファをもたらしてくれるはずさ」

「たとえ、彼が我々のライバルであっても、彼の幸運を祈るよ。僕自身、彼は(スペイン代表の)元同僚だし、誰かの不幸を願うことはしたくないよ。彼が可能な限りベストを尽くしてくれることを願っているけど、僕らとしてはバルサとの差を広げる努力をするつもりさ」

バルセロナに関しては、今夏にパリ・サンジェルマン(PSG)へ旅立ったアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの退団の影響が大きく出ているが、カルバハルはかつての宿敵退団に対する率直な思いも語っている。

「(メッシ退団について)複雑な感情があるね。リーガがメッシを失ったからといって、完全に喜ぶことはできないよ。だけど、レアル・マドリーにいると、バルサはメッシがいないとより損をすることがわかっているし、リーガやコパで勝つための選択肢が増えていることは確かだね」

また、バルセロナがメッシを失ったように、マドリーではスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが同じくPSGに新天地を求めている。負傷の影響で未だ新天地デビューを果たせず、ここ最近は批判に晒される同選手だが、カルバハルは元同僚の復活と代表復帰を疑わず。

「実は、最近彼と話をしたんだ。今は回復の最後の段階で、元気だと言っていたよ。これまでの数々の偉大な数字が彼を支えているし、何よりマドリーとラ・ロハの象徴だからね。セルヒオの最高レベルでのパフォーマンスは再び見られるはずさ」

「彼はPSGでこれから良いシーズンを過ごし、おそらくここ(スペイン代表)に戻って来られるはずだよ」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください