1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

「居心地が良い」CFで躍動し今年は既に32ゴールの古橋亨梧が忘れない気持ち「『今から行ってきます』と感謝」

超ワールドサッカー / 2021年11月12日 21時12分

写真:©︎CWS Brains, LTD.

日本代表は12日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のオマーン代表戦を戦うためオマーンへと移動した。

11日に行われたベトナム代表戦を1-0で勝利し、勝ち点を9に伸ばした日本。初の連勝を飾り、3連勝を目指してオマーンと戦うことになる。

ベトナム戦後の深夜に移動した日本は、早朝にマスカットへと到着。ホテルで過ごし、メディア対応に臨んだ。

ベトナム代表戦は75分から大迫勇也に代わって出場したセルティックのFW古橋亨梧がオンラインのメディア対応に登場。ベトナム戦については「昨日は途中から出させていただいて、出ることができて、追加点も狙いに行来ました」と得点を目指したとコメント。「1-0で相手も勢いがあったので、流れを変えるという意味で相手の背中を取るという意識でした」と背後をとってラインを下げる意識があったという。

また「守備の切り替えも含めて、しっかりやろうと思いました」と前線からのチャージに関してもしっかりと行う意識がったとのこと。最終的に勝利を収めたが「数カ月連戦が続いて、1戦目で勝ててホッとしていますが、オマーン戦はすぐくるので、しっかり準備していきたいです」と16日のオマーン戦に既に切り替えているようだ。

9月の代表活動で負傷し、しばらく離脱した古橋だったが、セルティックでは絶好調。公式戦18試合で13ゴールとチームメイトからの信頼も熱く、ファンの心も既に掴んでいる状況だ。

当初はウイングでの起用が多かったが、10月のオーストラリア戦に続いて、ベトナム戦でもセンターの大迫との交代となり、代表でもセルティックと同じ中央でのプレーが増えている状況だ。

古橋はこの状況に「セルティックではFWをやっていて、居心地が良くて結果が残せている部分があります」とクラブでは中央で手応えを感じているとコメント。「チャンスはまだ逃している中で、今は特徴が出せていて、強みが出せているポジションだと思います」と1トップに自信を持っているようだ。

また「どのポジションでも特徴は出せると思いますが、セルティックではトップで出させてもらっているので、フォワードが一番良いポジションかなと思っています」と、日本代表でも中央でのプレーを望んでいるとのこと。その点は森保一監督とも話していると言い、「たくさん話していて、凄く信頼を感じています。信頼を裏切らないようにしたいと思います」と起用してくれている中でゴールで返したいと語った。

セルティックではゴールが取れている古橋だが、この最終予選ではノーゴール。その点については「代表ではやり続けることが大事ですし、コミュニケーションを取らないといけない。裏を狙うだけじゃなく、作る部分でも動き出してはたくなどをしないといけない」と、チームとは違う難しさがあるとコメント。それでも「セルティックでも周りの選手を見てやっているので、僕ができないことも代表でもやっていきたいと思います」と、まだまだ成長していきたいと語った。

ゴールについては「結果はもう少しだと思うので、隙あらば裏を狙う、スペースを見つけてシュートを狙うということをしないといけないと思います」と、オマーン戦でのゴールにも意欲を見せた。

そのゴールに必要なものについては「味方のセンタリングやパスのタイミングが非常に大事だと思います」と語り、「僕の感覚ですが、いきなり動いたり、急にシュートを打ったり、感覚が多いです」と、感覚的にプレーしていることが多いとのこと。「感覚としてどこが相手の嫌なところかわかるのと、相手の間合いに入らないようにして、スペースや距離を空けてプレーしています」と、ポジショニングもその局面で合わせて動いていると語った。

オマーン戦でゴールを奪うポイントについては「ゴールに向かう選手をもっと増やしていかなければいけないと思います」と語り、「僕は相手の嫌なところ、スペースを突いたり、味方と連動して動いたりしなければいけないと思います」とこれまでと変わらずやっていきたいとコメント。「どこかに隙はあるので、そこを突いていきたいです」とオマーンディフェンスの隙を見つけたいと意気込んだ。

その古橋は、2021年に入り、ヴィッセル神戸で16点、セルティックで13点、日本代表で3点を奪い、合計32点を取っている。

ゴールを量産し続けている理由については「周りの選手のサポートだったり、スタッフ、コーチ、応援してくれる皆さんのサポート、試合に出て勝つために、みんなの笑顔のためにプレーしているのが大きいです」と周りの支えがあることが大きいとコメント。「あとは、自信がついて、より自分の強みを出せることができて、信頼してパスを出してもらえたりしていると思うので、感謝したいと思います」と、自分の良いプレーを出していながらも、それを出せる状況を作ってくれる周囲への感謝を口にした。

その強みは神戸に移籍して変化。「岐阜でプレーしているときはドリブルで仕掛けたり、シュートを打つために突っ込んでいくことが多かったですが、神戸ではイニエスタやビジャなどお手本になる選手を見て、より強みを見つけられたのと、強みをより磨けたと思います」と、世界を知る選手たちとのプレーで、自分が磨けていると語った。

また、ベトナム戦でもピッチに入る前にルーティーンを実施。「ピッチに立てること、自分を使ってくれる監督や応援してくれるファン、今までのチームメイトなどに感謝して、ピッチに入る時に『今から行ってきます』と感謝してやっています」と、常に試合に出る時は、感謝の気持ちを持ってプレーしていると明かした。試合中にゴミを拾う姿も、その現れなのかもしれない。
11月12日 21:09

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください