1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

ELレバークーゼン戦で退場のフェキル、3試合出場停止…残りのグループステージはすべて欠場へ

超ワールドサッカー / 2021年11月16日 22時2分

写真:Getty Images

レアル・ベティスのフランス代表FWナビル・フェキルが、ヨーロッパリーグ(EL)において3試合の出場停止になったようだ。スペイン『マルカ』がベティスの公式ラジオをもとに伝えている。

4日に行われたELグループG第4節のレバークーゼン戦。0-4で迎えた93分、フェキルは敵陣右サイドのゴールライン際でボールをキープしていると、相手MFケレム・デミルバイに腕を掴まれてファウルを受けた。

この時、フェキルに軽く突き飛ばされたデミルパイが苛立ちから、フェキルがセットしたボールを蹴飛ばしてしまう。

すると今度はフェキルが逆上。ものすごい勢いでデミルバイに駆け寄り、右手で側頭部を掴みつつ左手で首元を絞めた。その後デミルバイもフェキルの側頭部を叩いてしまい、両者同時にレッドカードを提示されて退場となっている。

そして、伝えられるところによると、欧州サッカー連盟(UEFA)は15日、フェキルの行為を「反スポーツ的なもので、攻撃性があると判断するには十分である」とし、3試合の出場停止処分を科した。

これにより、グループステージ残りの第5節と最終節の欠場が確定。また、チームが決勝トーナメントに進出できた場合はラウンド16の1stレグ、グループ3位に終わった場合はヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)の決勝トーナメントプレーオフの1stレグを欠場することになる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください