1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

【ラ・リーガ第14節プレビュー】チャビ初陣のバルサはいきなりのダービー! 代表戦明け波乱必至の一節

超ワールドサッカー / 2021年11月19日 20時11分

写真:Getty Images

インターナショナルマッチウィーク前に行われた前節は首位のレアル・ソシエダ、レアル・マドリー、セビージャの上位3チームが揃って勝利。一方で、アトレティコ・マドリーとバルセロナが、いずれも試合終盤の失点で勝ち点2を失う痛恨のドローを喫した。

ヨーロッパのワールドカップ予選の最終節が開催されるなど激戦が繰り広げられたインターナショナルマッチウィーク明け最初の一節となる第14節。来週ミッドウィークにヨーロッパコンペティションが控えることもあって上位陣に取りこぼしの帰還性が孕む波乱必至の一節だ。

今節最注目カードは、チャビ・エルナンデスが指揮官として帰還した9位のバルセロナ(勝ち点17)と、昇格組ながら11位と健闘するエスパニョール(勝ち点17)による、2シーズンぶりのバルセロナ・ダービー。

深刻な財政難、負傷者の続出、指揮官の求心力低下によって低迷するバルセロナは、今月6日に黄金時代を知る生え抜きのチャビ監督を新指揮官に招へい。さらに、百戦錬磨の38歳DFダニエウ・アウベスの加入と、2人のレジェンドの帰還によってわずかながら光明を見いだしている。

クーマン体制での連敗、セルジ暫定体制での2戦連続ドローによってリーグ4試合未勝利のチームでは不整脈で療養中のFWアグエロに加え、FWデンベレ、FWアンス・ファティと前線を中心に負傷者が続出しており、短い準備期間の中で新指揮官が選ぶ布陣、メンバー選考は要注目。未だ待望論のあるMFリキ・プッチ、完全復活待たれるMFコウチーニョ、ラ・マシアからの抜擢を含め、いかなるメンバーでダービーに臨むか。

対するエスパニョールは前節のグラナダ戦で4試合ぶりの白星を奪取。敵地でのダービーに弾みを付けた。攻守に渡る強度の高いプレーに加え、先日に27歳でスペイン代表デビューを飾ったエースFWラウール・デ・トーマスがここまで7ゴールと存在感を発揮。今季はレアル・マドリーを破り、物議醸す後半アディショナルタイムの失点で惜敗したもののアトレティコを苦しめるなど上位陣相手の奮闘が際立つ。そのため、指揮官としてラ・リーガ初挑戦のチャビ監督にとっては難しい相手となるはずだ。

直近の公式戦をいずれも2-1のスコアで競り勝って3連勝中の2位レアル・マドリー(勝ち点27)は、降格圏手前の17位に沈むグラナダ(勝ち点11)とのアウェイゲームで4連勝を目指す。前節のラージョとのマドリード自治州ダービーではFWヴィニシウス、FWベンゼマの揃い踏みの活躍で勝利。前述のようにあっさりとした失点によって最少得点差での勝利が続いているが、チーム状態は良好だ。

来週ミッドウィークにはチャンピオンズリーグ(CL)でシェリフとのリベンジマッチを控えているが、まずは格下グラナダ相手にきっちり勝ち切りたい。代表戦明けの主力のコンディションは気がかりだが、自慢の攻撃陣の力で押し切りたいところだ。

4位のアトレティコ(勝ち点23)は前節、敵地メスタージャでバレンシア相手に後半アディショナルタイムの連続失点によって3-3のドローに持ち込まれる、らしくない失態を演じた。リーグ戦では5試合連続複数得点と攻撃が好調な一方、3-0で快勝した前々節のベティス戦を除く4試合で複数失点を喫しており、それが3つのドローに繋がっている。

堅守を売りとする7位のオサスナ(勝ち点17)との対戦となる今回のホームゲームでは、その好調な攻撃を維持しつつ、崩壊しかけている守備の立て直しが急務。より重要なCLミラン戦を来週に控えており、代表戦明けのコンディション面を含め幾つかのポジションでのターンオーバーが見込まれる。その中で、現時点ではミラン戦をサスペンションで欠場する予定のFWグリーズマンの爆発に期待したい。

1試合消化試合が多いながらもシーズン3分の1を消化した段階で、堂々の首位に立つレアル・ソシエダ(勝ち点28)は、10位のバレンシア(勝ち点17)を相手に連勝での首位キープを狙う。前節のオサスナ戦では後半半ば過ぎまでほとんどチャンスを作れずにいたが、それでも最終的に2-0の勝利を収めるなど、ここに来て勝負強さが光る。アトレティコ相手にドローに持ち込んだバレンシアは気が抜けない難しい相手だが、ホームできっちり勝ち切りたい。

そのラ・レアルを1ポイント差で追う3位のセビージャ(勝ち点27)は、14位のアラベス(勝ち点13)と対戦。前節は好調ベティスとのセビージャ・ダービーを、DFアクーニャと相手のオウンゴールによって敵地で2-0の快勝を収めている。週明けには未勝利でグループ3位に転落し、生き残りに崖っぷちのCLでヴォルフスブルクとの重要な一戦を控えているが、直近3勝1分けと完全復調のアラベス相手に隙を見せれば、手痛いしっぺ返しに遭うはずだ。

最後に、MF久保建英が在籍する13位のマジョルカ(勝ち点15)は、敵地で昨季セグンダの昇格争いで鎬を削った6位のラージョ(勝ち点20)と対戦する。直近4試合連続ドローを含め5戦未勝利と停滞が続くチームだが、対戦相手のラージョは好調のエースFWファルカオがケガによって不在となっており、何とか敵地から久々の白星を持ち帰りたい。なお、復帰に向けてトレーニングの強度を上げてきた久保は12月初旬の戦列復帰を見込んでいる。

《ラ・リーガ第14節》
▽11/19(金)
《29:00》
レバンテ vs アスレティック・ビルバオ

▽11/20(土)
《22:00》
セルタ vs ビジャレアル
《24:15》
セビージャ vs アラベス
《26:30》
アトレティコ・マドリー vs オサスナ
《29:00》
バルセロナ vs エスパニョール

▽11/21(日)
《22:00》
ヘタフェ vs カディス
《24:15》
グラナダ vs レアル・マドリー
《26:30》
エルチェ vs ベティス
《29:00》
レアル・ソシエダ vs バレンシア

▽11/22(月)
《29:00》
ラージョ vs マジョルカ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください