1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

リバプールが南野初ゴール含む攻撃陣揃い踏みで4発圧勝! 守備崩壊のアーセナルは冨安加入後初黒星で9戦ぶり敗戦に…《プレミアリーグ》

超ワールドサッカー / 2021年11月21日 4時33分

写真:Getty Images

プレミアリーグ第12節、リバプールvsアーセナルが20日にアンフィールドで行われ、ホームのリバプールが4-0で圧勝した。なお、リバプールのFW南野拓実は76分から出場し今季初ゴールを挙げ、アーセナルのDF冨安健洋はフル出場した。
 
リバプール(勝ち点22)は前節、ウェストハムとの上位対決に2-3で敗れて今季の公式戦初黒星。これにより順位を4位に落としてインターナショナルマッチウィークに入った。その敗戦からのリバウンドメンタリティが試される今節はウェストハム戦に続き、順位が近い相手とのシックスポインターとなった。クロップ監督は代表戦明け初戦のビッグマッチに向け、ウェストハム戦から先発2人を変更。代表戦で負傷したロバートソンとヘンダーソンに代わってツィミカス、チアゴが代役を務めた。
 
一方、6勝2分けの8戦無敗と完全復調のアーセナル(勝ち点20)は、気付けばトップ4圏内と2ポイント差の5位にまで順位を上げてきた。直近の2試合ではレスター・シティ、ワトフォード相手に2試合連続のクリーンシートを達成し、今季2度目の3連勝を飾っている。リーグ戦では8戦未勝利の鬼門アンフィールドに乗り込んだ一戦では、直近のワトフォード戦から先発1人を変更。メイトランド=ナイルズに代えて負傷明けのトーマスを起用した。
 
試合は立ち上がりからボールホルダーにタイトに寄せ合うアグレッシブな入りとなったが、地力で勝るリバプールがボールの主導権を握る形に落ち着く。開始4分にはDFホワイトの持ち上がりを高い位置で潰したショートカウンターの形からサラーがファーストシュートを放つが、これは枠の右に外れる。
 
以降はチアゴを起点に相手陣内で揺さぶりをかけるリバプールだが、遅攻の場面ではなかなか相手守備のバランスを崩せず、チャンスシーンはカウンターの局面に限られる。
 
対するアーセナルは焦れずに相手の攻撃を受け止めながら、ツィミカスとのマッチアップで個的優位を作り出せそうなサカの右サイドを起点にチャンスを窺う。17分には良い形でサポートに入った冨安の正確なクロスから決定機も、ゴール前に飛び込んだサカの手前でDFのクリアに遭う。
 
以降も上位対決らしい緊迫感のある攻防が続くが、徐々に攻撃面のクオリティの差が出始める。なかなかカウンターに出られないアウェイチームに対して、リバプールは遅攻に加えてカウンタープレスの形でフィニッシュまで持ち込んでいく。
 
29分には右サイド深くに抜け出したアレクサンダー=アーノルドの鋭いクロスの流れからボックス内でチアゴ、マネと繋いでゴール至近距離からシュートもGKラムズデールが好守で凌ぐ。さらに、35分には左サイドの高い位置でのショートカウンターからツィミカスがボックス左に抜け出して上げたクロスにサラーが飛び込むが、これもラムズデールの正面。その2分後にはアレクサンダー=アーノルドがペナルティアーク付近で仕掛けて左足を振るが、ラムズデールの見事なワンハンドセーブに遭う。
 
それでも、ゴールを色濃く匂わせるホームチームは39分、相手陣内中央右で得たFKの場面でキッカーのアレクサンダー=アーノルドが絶妙なクロスをゴール前に入れると、ファーでDFガブリエウ、DF冨安の間に飛び込んだマネが渾身のヘディングシュートを叩き込んだ。
 
その後、ビハインドを背負ったアーセナルはサンビ・ロコンガの強烈なミドルシュートで最初の枠内シュートを放ったが、半ば過ぎから圧倒したホームチームの1点リードで試合は折り返しとなった。
 
後半も勢いをもって入ったリバプールは、サンビ・ロコンガから続けてパスを引っかけてショートカウンターからゴールに迫ると、相手の腰の引けたビルドアップに強い制限をかけて一気に飲み込む。
 
52分、相手陣内深い位置で持ち上がったヌーノ・タヴァレスに圧力をかけて中央へパスを出させると、これをまんまとかっさらったジョタがDFホワイト、GKラムズデールを続けてシュートフェイントで滑らせて無人のゴールへシュートを流し込んだ。
 
追加点を奪ったリバプールはここから余裕を持った試合運びが可能となるが、相手を完膚なきまでに叩きのめそうと、前半からのプレー強度を維持。気落ちしたアウェイチーム相手に畳みかける攻めを見せる。73分にはGKアリソンからのフィードを左サイドのジョタが頭で背後のスペースへ流すと、このパスに反応したマネがボックス左までドリブルで持ち込んで正確なクロスを供給。これをファーに詰めたサラーが右足ワンタッチで流し込んだ。
 
この3点目で試合を決めたリバプールは直後の76分に殊勲のジョタとオックスレイド=チェンバレンを下げてヘンダーソンと共に南野を投入。すると、この選手交代が4点目を生み出す。77分、自陣中央でボールを受けたヘンダーソンからの浮き球のパスに反応したメネが前線でボールをキープ。その落としをサラー、アレクサンダー=アーノルドとボックス右で繋いで高精度のクロスが供給されると、これをファーに詰めた南野が右足インサイドで流し込み、今季リーグ3戦目にして待望の初ゴールを挙げた。
 
南野のダメ押しゴールで勝利を確信したクロップ監督はチアゴを下げて、これがプレミアリーグデビューとなる19歳MFモートンを投入する余裕の采配を見せる。
 
一方、何とか一矢報いたいアーセナルはメイトランド=ナイルズ、ウーデゴール、エルネニーを投入したものの、この交代が攻撃を活性化させるまでには至らず。後半放ったオーバメヤン、トーマスの2本のシュートもGKアリソンの好守に阻まれた。
 
そして、試合はこのままタイムアップを迎え、途中出場の南野を含め攻撃陣揃い踏みのリバプールが、ハマーズ戦の敗戦を払しょくする4-0の圧勝。敗れたアーセナルは冨安加入後初黒星となり、リーグ戦無敗が「8」でストップした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください