1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

熊本が首位浮上! 宮崎は自力優勝の可能性が消滅【明治安田J3第28節】

超ワールドサッカー / 2021年11月21日 16時53分

明治安田生命J3リーグ第28節の6試合が、21日に各地で行われた。

今節の最注目カードは、4位の富山(勝ち点42)と首位の宮崎(勝ち点50)による上位対決。試合は4試合未勝利の富山が地の利を生かして積極的にシュートを放っていく。しかし、徐々に宮崎がペースを掴むと迎えた45分、梅田のバックパスを前田がボックス手前から右足一閃。強烈なミドルシュートが突き刺さり、アウェイチームが先制した。

1点ビハインドとなった富山は、後半も前半同様にシュートを重ねていく。その姿勢が実を結んだのは66分のことだった。右サイドからパスをつなぎ、マテウス・レイリアの短い落としに末木がボックス手前右から左足を強振。宮崎同様、見事なミドルシュートで追いついた。なお、末木は今季2ゴール目。初得点も宮崎戦だった。

以降は互いに交代カードを切りながら試合を進めるが、しばらく膠着状態に。それでも87分に動きを見せる。富山は左CKの流れから、途中出場の碓井が左サイドからグラウンダーのクロスを供給。ニアの林堂がバックヒールで巧みにコースを変えると、これがゴールに吸い込まれ、逆転に成功。

このまま5試合ぶりの勝利を挙げた富山は、優勝ないしはJ2昇格に向けて望みを繋いだ。一方の宮崎は残り1試合となった中、2位熊本(勝ち点48)の結果を待つことに。

その熊本は、ホームにYS横浜を迎え、47分の伊東の3カ月ぶりのゴールで勝利。この結果、熊本が宮崎を抜いて首位浮上。2試合を残す熊本が優勝へ向けて大きく有利となった。

その他、3位の岩手(勝ち点46)はホームで讃岐に3-1で快勝。直近4試合で3勝目を挙げ、逆転優勝も視界に捉えた。岩手も残り2試合となっている。

◆第28節
藤枝MYFC 0- 1 鹿児島ユナイテッドFC
ヴァンラーレ八戸 2-1 FC岐阜
いわてグルージャ盛岡 3-1 カマタマーレ讃岐
カターレ富山 2-1 テゲバジャーロ宮崎
ガイナーレ鳥取 2-1 FC今治
ロアッソ熊本 1-0 Y.S.C.C横浜
AC長野パルセイロ 1-1 アスルクラロ沼津

◆順位表
勝点(試合数/勝/分/負/得点/失点)
1位:ロアッソ熊本 51(26/14/9/3/37/19)
2位:テゲバジャーロ宮崎 50(27/15/5/7/43/31)
3位:いわてグルージャ盛岡 49(26/14/7/5/41/27)
4位:カターレ富山 45(26/13/6/7/39/32)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください