1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

ライプツィヒを下したレバークーゼンが3位浮上《ブンデスリーガ》

超ワールドサッカー / 2021年11月29日 3時26分

写真:Getty Images

ブンデスリーガ第13節、ライプツィヒvsレバークーゼンが28日に行われ、1-3でレバークーゼンが勝利した。

8位ライプツィヒ(勝ち点18)と4位レバークーゼン(勝ち点21)の上位対決。

一進一退の立ち上がりを経て、8分にレバークーゼンが先制しかける。しかしディアビがネットを揺らしたものの、ラストパスを送ったアドリがオフサイドでVARの末にゴールが取り消された。

それでも21分に先制する。パラシオスの浮き球パスをボックス右で受けたヴィルツがシュートを流し込んだ。

さらに34分、レバークーゼンが突き放す。ターのロングフィードでディフェンスライン裏を取ったディアビがシュートを決め切った。

レバークーゼンが2点をリードして迎えた後半、ライプツィヒが前がかるも好機を生み出すには至らない。

それでも62分、ライプツィヒが1点を返す。エンクンクの左クロスからアンドレ・シウバのヘディングシュートが決まった。

しかし2分後、レバークーゼンが突き放す。ディアビのパスを受けたボックス右のフリンポンが右足を振ると、ディフレクトしたシュートがネットを揺らした。

終盤の86分、タプソバのハンドで得たPKをショボスライは決めきれず、レバークーゼンが3-1で勝利。3位に浮上している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください