1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

「潜在能力を発揮できるように」再建を託されたラングニック暫定監督がユナイテッド指揮に意気込み「チームは才能に溢れている」

超ワールドサッカー / 2021年11月29日 21時25分

写真:Getty Images

マンチェスター・ユナイテッドの暫定指揮官に就任することが発表されたラルフ・ラングニック暫定監督(63)が監督就任への意気込みを語った。

ユナイテッドは21日、成績不振を理由にオーレ・グンナー・スールシャール監督を解任。現在はアシスタントコーチを務めていたマイケル・キャリック氏が暫定指揮官を務め、23日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のビジャレアル戦では2-0の勝利、28日に行われたプレミアリーグのチェルシー戦では1-1のドローに終わっていた。

これまでシュツットガルトやハノーファー、シャルケ、ホッフェンハイム、RBライプツィヒとドイツクラブで指揮。ホッフェンハイムとライプツィヒに関しては、無名のクラブを一気に躍進させたことで、その手腕が大きく注目を集めた。

また、プロフェッサーの愛称で知られるドイツ屈指の戦術家であり、“ゲーゲンプレッシングの生みの親”の一人とも言われており、バイエルンのユリアン・ナーゲルスマン監督やチェルシーのトーマス・トゥヘル監督、PSVのロジャー・シュミット監督らは教え子として知られる。

来シーズン以降は2年間のコンサルタント契約を結んだことも発表された中、ラングニック暫定監督はチームの立て直しに意気込みを語った。

「マンチェスター・ユナイテッドの一員となることに興奮しており、今シーズンがクラブにとって成功となるシーズンにすることに集中している」

「このチームは才能に溢れ、若さと経験のバランスが取れている。これからの6カ月間は、選手たちが個人としても、そして何よりもチームとしても潜在能力を発揮できるよう、全力でサポートしていく」

「その先は、クラブの長期的な目標をコンサルタントとしてサポートしていきたいと思う」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください