1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

エリクセンが古巣オーデンセで個人トレーニングを開始

超ワールドサッカー / 2021年12月2日 23時11分

写真:Getty Images

インテルのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが、ユース時代を過ごした母国のオーデンセBKで個人トレーニングを開始した。『ロイター通信』が伝えている。

今夏行われたユーロ2020のフィンランド代表戦で、試合中に卒倒したエリクセン。意識を失い、ピッチ上で心肺蘇生が行われるなどしたが、無事に一命を取り留め、その後回復した。

エリクセンは手術により心臓発作の再発を防ぐための植え込み型除細動器(ICD)を装着。現在は母国デンマークで家族と共に療養生活を送っている。

そのエリクセンに関して、2005年から2008年までユースチームに在籍していたオーデンセは2日、同選手からの連絡を受けてトレーニング施設を提供していることを明かした。

オーデンセのスポークスマンは『ロイター通信』の取材に対して、以下のような説明を行っている。

「エリクセンが我々にコンタクトを取ってきた。そして現在、彼は個人トレーニングを行っている」

「彼がユース時代にここでプレーし、近くに住んでいるのでそれは自然なことだ。彼のためにトレーニング施設を提供できることをとても嬉しく思っている」

ちなみに、同スポークスマンは、エリクセンがいつオーデンセでトレーニングを開始したのか、またどれくらいの期間、トレーニングを行う予定なのかについては言及を避けている。

今回のトレーニング開始の知らせによってエリクセンは、現役続行の意思を持っていると思われるが、インテルでのキャリア続行は絶望的な状況だ。

イタリアではICDを装着したままではプロスポーツは行えない決まりがあり、インテルも「イタリアの医療機関からエリクセンのスポーツ活動が認められないと報告があった」と声明を発表していた。

これにより、インテルはエリクセンに対して、他国のリーグでキャリアを継続させることを容認する構え。これまでは古巣アヤックス復帰の可能性が伝えられていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください