1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

4試合で3勝目、ジェラード監督がレスター戦後半のパフォーマンスを称賛「本当に完璧に近い」

超ワールドサッカー / 2021年12月6日 13時30分

写真:Getty Images

アストン・ビラのスティーブン・ジェラード監督が、レスター・シティ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。

アストン・ビラは5日、プレミアリーグ第15節でレスターと対戦。2-1で勝利を収めた。

11月11日に就任したジェラード監督が率いて4試合目となったアストン・ビラ。マンチェスター・シティに前節敗れたものの、その前のブライトン&ホーヴ・アルビオン、クリスタル・パレスには連勝しており、この勝利で4試合で3勝目を挙げた。

チームを浮上させているジェラード監督は、リバプール時代に指導を受けたブレンダン・ロジャーズ監督率いるチームとの再戦となったが、前後半で違う試合になったと語った。

「本当に嬉しい。ミッドウィークと同じように、2つのハーフで構成された試合であり、ハーフタイムに選手たちには少しずつ要求する必要があった」

「前半は少し受け身だったと感じた。セカンドボールを十分に拾えず、ボールを回し続け、トランジションでいくつか問題があった」

「後半に向けて、いくつかの状況に対応しなければならなかった。でも、選手たちは本当に素晴らしいプレーを見せてくれた。最終的には勝利に値した」

前半は1-1で終えたが、後半早々にエズリ・コンサのゴールで逆転し、その後はしっかりと守って勝利したアストン・ビラ。ジェラード監督は特に後半のパフォーマンスを評価した。

「後半のパフォーマンスは、本当に完璧に近いものだった。このまま逃げ切ることもできたが、2-1の時点でもっと得点できるチャンスが3、4回あった」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください