1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

C大阪が新体制と背番号を発表! 引退した大久保嘉人の「20」を加藤陸次樹が継承

超ワールドサッカー / 2022年1月13日 13時28分

写真:©︎J.LEAGUE

セレッソ大阪は13日、2022シーズンの新体制&選手背番号を発表した。

2021シーズンはレヴィー・クルピ監督を招へいし、攻撃的サッカーを取り戻そうと始動。シーズン序盤は引退したFW大久保嘉人の活躍などもあり結果を残したが、徐々に攻撃陣が停滞する。

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)も戦うなど、コロナ禍での超過密日程を消化することもありチームは改善されず。夏には元日本代表MF乾貴士が復帰するなどしたが、後半戦は黒星が先行。クルピ監督が途中解任となり、小菊昭雄コーチが監督に昇格した。

リーグ戦では結果が出ない一方で、YBCルヴァンカップでは決勝に進出も名古屋グランパスに敗れタイトルを逃すと、天皇杯でもベスト4で敗退。12位でシーズンを終えていた。

新シーズンも小菊監督が指揮を執るC大阪は、浦和レッズのDF山中亮輔や徳島ヴォルティスのMF鈴木徳真、ファジアーノ岡山のMF上門知樹、V・ファーレン長崎のMF毎熊晟矢などを補強。さらに、DF山下達也が柏レイソルから復帰した。

さらに、アビスパ福岡でプレーしていたFWブルーノ・メンデスも再加入。ポルトガルのサンタ・クララからはFWジェアン・パトリッキも獲得した。

背番号は、山中が「6」、鈴木が前橋育英高校時代の同期である坂元達裕(オーステンデ)が着けていた「17」、上門が「7」、毎熊が「16」、山下が「50」、ブルーノ・メンデスが「11」、ジェアン・パトリッキが「26」を着ける。

また、昨季出場機会を増やしたMF喜田陽が「30」から藤田直之が着けていた「5」、FW中島元彦が「28」から高木俊幸が着けていた「13」に変更。FW加藤陸次樹が「29」から引退した大久保が着けていた「20」を継承することとなった。その他、MF新井晴樹が「37」から「27」に変更となっている。

◆選手背番号一覧
GK
1.ダン・バン・ラム
21.キム・ジンヒョン
31.清水圭介←京都サンガF.C./完全
39.真木晃平←SC相模原/完全

DF
2.松田陸
3.進藤亮佑
6.山中亮輔←浦和レッズ/完全
14.丸橋祐介
15.瀬古歩夢
16.毎熊晟矢←V・ファーレン長崎/完全
24.鳥海晃司
29.舩木翔←SC相模原/復帰
33.西尾隆矢
50.山下達也←柏レイソル/完全

MF
4.原川力
5.喜田陽※背番号変更「30」
7.上門知樹←ファジアーノ岡山/完全
10.清武弘嗣
17.鈴木徳真←徳島ヴォルティス/完全
19.為田大貴
23.乾貴士
25.奥埜博亮
27.新井晴樹※背番号変更「37」
28.岡澤昂星←セレッソ大阪ユース/昇格
41.中原輝←モンテディオ山形/完全

FW
9.アダム・タガート
11.ブルーノ・メンデス←デポルティーボ・マルドナド(ウルグアイ)/期限付き
13.中島元彦※背番号変更「28」
20.加藤陸次樹※背番号変更「29」
26.ジェアン・パトリッキ←サンタ・クララ(ポルトガル)/完全
34.山田寛人

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください