1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

C大阪が瀬古歩夢のグラスホッパー移籍合意を発表! 完全移籍で欧州初挑戦、「僕には桜の血」

超ワールドサッカー / 2022年1月18日 18時40分

写真:©︎J.LEAGUE

セレッソ大阪は18日、DF瀬古歩夢(21)のグラスホッパー移籍でクラブ間の基本合意を発表した。移籍形態は完全移籍。瀬古は現地でのメディカルチェック等を経て、正式契約を結ぶ。グラスホッパー側の発表によると、契約期間は2025年までとなる。

瀬古はC大阪アカデミー育ちのセンターバックで、2017年5月にルヴァンカップでクラブ史上最年少となる16歳11カ月でトップチームデビュー。2018年10月にプロ契約を結ぶと、2020年にルヴァンカップのニューヒーロー賞とJリーグのベストヤングプレーヤー賞に輝き、史上4人目のダブル受賞した。

出番こそなかったが、昨夏の東京オリンピックメンバーにも飛び級で選出。その昨季も明治安田生命J1リーグで27試合に出場するなど主力を張ったなか、体調不良で辞退したものの、17日から国内組のみでスタートした日本代表候補合宿にも呼ばれていた。

11日にクラブから2年間の契約更新が発表され、その1週間後に欧州初挑戦が決定した形の瀬古。移籍の経緯、決断に至るまでの苦悩、そしてスイスでの活躍を誓った。

「みなさん、突然ですがスイス1部のグラスホッパーに完全移籍することになりました。チームが始動し僕自身は今年もセレッソでプレーするという気持ちでしたが、海外からオファーをいただき、とても悩んだのですが海外移籍は小さい時からの夢だったので決断しました。クラブからは引き留めてもらいましたが、最終的には僕の挑戦したい、という夢を尊重してくれました」

「昨年苦しいシーズンを過ごした中このタイミングでの移籍に背中を押して頂いたクラブには感謝しています。アカデミーから桜のユニフォームしか着たことのない僕にとっては凄く新鮮な気持ちとワクワクした気持ちがあります。アカデミーから11年間サッカー選手としても、人としても凄く大きな成長をさせてもらいました。今まで出会った監督、チームメイト、スタッフの皆さんにも、とても感謝しています」

「このセレッソ大阪というクラブの名に恥じないような活躍をしてきます。そして、パートナー様をはじめ、ファンサポーターの皆様、ハナサカクラブの皆様、このセレッソ大阪というクラブに関わる全ての皆様に感謝しています。今後の僕の活躍を皆さんに届けられるように頑張ります。ずっと僕には桜の血が流れています。 WE ARE CEREZO 瀬古歩夢」

日本代表MF川辺駿がウォルバーハンプトンからのレンタルで在籍するグラスホッパーはリーグ優勝27回を誇るスイスの名門。チューリッヒがホームタウンで、今季は第18節消化の現時点で10チーム中6位につけている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください