1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

ローマが公式戦3連勝! エイブラハムのドッピエッタなど前半に圧巻4発も低調後半の試合運びに課題《セリエA》

超ワールドサッカー / 2022年1月24日 3時59分

写真:Getty Images

セリエA第23節、エンポリvsローマが23日にスタディオ・カルロ・カステラーニで行われ、アウェイのローマが2-4で勝利した。
 
前節、カリアリを相手に2022年初白星を挙げた7位のローマ(勝ち点35)は、ミッドウィーク開催のコッパ・イタリアでもセリエBのレッチェを3-1の逆転で下し、公式戦2連勝を達成。更なる連勝を目指す今節は11位のエンポリ(勝ち点29)とのアウェイゲームに臨んだ。前節のカリアリ戦からは先発4人を変更。ザニオーロ、カルスドルプらが先発に復帰し、[3-5-2]に布陣を変更した。
 
試合は開始早々にボックス内へ抜け出したザニオーロが相手と交錯し、PK獲得かに思われたが、ここはノーファウルの判定。以降はアウェイのローマがザニオーロ、エイブラハムの2トップの仕掛けを軸に攻勢に転じていく。
 
早い時間帯の先制点とはならなかったものの、攻勢を続けるローマは20分過ぎにムヒタリアンの右からの折り返しを受けたザニオーロが強烈な左足のシュートを枠に飛ばすが、これは相手GKの好守に遭う。それでも、直後の24分には波状攻撃からセルジオ・オリベイラがボックス手前で放ったグラウンダーのシュートをゴール前で足元に収めたエイブラハムが鋭い反転シュート。これがゴールネットを揺らして好調のイングランド代表FWの公式戦2試合連続ゴールで先制に成功した。
 
畳みかけるローマは33分、左CKの流れからゴール前の混戦を作ると、最後はゴール至近距離からのエイブラハムのボレーシュートがゴールラインを割り、ドッピエッタを達成。続く35分には右サイドを突破したカルスドルプからの折り返しを、中央のザニオーロがワンタッチで外へ流すと、これをセルジオ・オリベイラがきっちり決め切る。
 
これで完全に勢いづいたアウェイチームは37分にもボックス左へ侵入したムヒタリアンからの丁寧なグラウンダーの折り返しを、ファーサイドから絞ってきたザニオーロが左足で合わせて前半で試合を決める4点目とした。
 
元指揮官アンドレアッツォーリに対して決定力を見せつける最高の前半を過ごしたローマだが、前半で試合が終わったと勘違いしたか、後半は一転して相手の攻勢に晒される。
 
55分には左サイド深くに侵攻したバンディネッリからのグラウンダーの折り返しをゴール前のピナモンティに冷静に流し込まれ、1点を返される。この失点後にリアクションを見せたいところだったが、以降も勢いづいた相手をうまく止めることができず。後半はなかなかカウンターで相手を引っくり返すことができない。
 
すると、72分にはバイラムにボックス手前から強烈なミドルシュートをゴール右隅に突き刺されて2失点目を喫する。この展開にいら立つモウリーニョ監督はビーニャ、ヴェレトゥ、アフェナ=ギャンと主力クラスの選手たちを次々に送り込んで試合の主導権を取り戻しにかかる。
 
しかし、試合終盤にかけても防戦一方の展開を強いられたローマは、守護神ルイ・パトリシオの好守や守備陣の身体を張った対応で3失点目を凌ぐのが、精いっぱいの苦しい状況のままタイムアップを迎えることになった。
 
前後半でまるで別のチームのような安定感を欠いたローマだったが、前半の大量リードを守り切って4-2の勝利。ゲームコントロールの部分で大きな課題を残しながらも、公式戦3連勝とした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください