1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

「良い仕事した」急遽GKを務めたDF、ユニフォームの繕い方が強引過ぎる「プレミアのチームはこれを見て学ぶべき」

超ワールドサッカー / 2022年1月25日 20時10分

写真:Getty Images

負傷者や新型コロナウイルス(Covid-19)の影響で正規のGKが不在となったコモロ代表。フィールドプレーヤーがGKを務めたが、そのユニフォーム姿が斬新だった。

アフリカ・ネーションズカップ(AFCON)初出場ながらも決勝トーナメント進出を決めていたコモロだったが、24日に行われたベスト16のカメルーン代表戦ではアクシデントに見舞われた。

正GKのサリム・ベン・ボイナが負傷し、さらに控えGKのアリ・アハマダとモヤド・ウセニも新型コロナウイルス(COVID-19)の検査で陽性が出たために隔離。その結果、本職がDFのシャケル・アラドゥールがGKを務める緊急事態となった。

しかも、アラドゥールに用意されたユニフォームのネームは正しかったが、背番号はウセニの「16」のまま。そのため、既存の番号を隠すようにテープで修正。前面も見えないように完全にテープで多い隠すことになった。

シュールなユニフォーム姿にファンからも「最高のGK」、「ショッキング」、「プレミアリーグのチームはこれを見て学ぶべき」などの声が寄せられた。

緊急登板となったアラドゥールだが随所で好セーブを連発。「かなり良い仕事をした」、「セカンドGKと見なされるべき」との高評価も得ている。

さらには、チャンピオンズリーグ(CL)で急遽GKを務めたこともあるマンチェスター・シティのサイドバックを引き合いに出し「カイル・ウォーカーの雰囲気」という声も上がった。

残念ながら試合には1-2で敗れてしまったが、新たな才能や斬新なユニフォームは大きな反響を呼ぶことになった。

【写真】テープ張りで無理やり上書きされた背番号


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください