1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

「酷いタックル」先発デビュー戦で負傷交代の井手口陽介についてポステコグルー監督が言及「少しの間欠場する」

超ワールドサッカー / 2022年1月26日 11時40分

写真:Getty Images

セルティックのアンジェ・ポステコグルー監督が、MF井手口陽介の負傷について言及した。クラブ公式サイトが伝えた。

井手口は、ガンバ大阪から今冬の移籍市場でセルティックへと完全移籍。17日のスコティッシュ・プレミアシップ第21節のハイバーニアン戦で途中出場しデビューを果たした。

その井手口は、22日に行われたスコティッシュ・カップ4回戦のアロア・アスレティック戦に先発出場。しかし、60分にMFモハメド・ニアンのボールを蹴り出した足に足元をすくわれる形となり、しばらくピッチ上で治療。そのまま交代していた。

井手口については「うまくいけばヨウスケは大丈夫だろう」と試合後に語っていたポステコグルー監督だったが、思ったより良くないと明かした。

「ヨウスケはあまり良くない。試合後、深刻ではなさそうだと言ったと思うが、今もかなり痛みがあるようだ」

「私はそれほど酷くならないだろうと楽観的だったが、映像で見たように、起こってはいけないタックルであり、その日のうちに対処されるべきタックルだった」

「あれは酷いタックルだった。そして彼は上手く回復できず、少しの間欠場することとなった」

移籍後2試合目で負傷の井手口。前回の欧州挑戦時も早い段階で負傷してパフォーマンスが上がらなかった過去があるが、今回はしっかりと治してもらいたいところだ。

【動画】前田&井手口が先発出場のカップ戦ハイライト!


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください