1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

偽の新型コロナワクチン接種証明書使用の元ブレーメン監督、罰金257万円と1年の資格停止

超ワールドサッカー / 2022年1月27日 11時52分

写真:Getty Images

ドイツサッカー連盟(DFB)は26日、昨年11月までブレーメンを指揮していたマルクス・アンファング監督に関する処分を発表した。

アンファング監督は、フロリアン・コーフェルト前監督の後任として今シーズンから指揮を執っていた。

1年での1部復帰を目指すチームを率いていたアンファング監督は、5勝4分け4敗という成績の中、11月に突如辞任していた。

その理由は成績不振ではなく、新型コロナウイルス(COVID-19)に関するワクチン接種証明書の偽造の容疑がかかったため。アンファング監督は否定していたが、クラブと話し合い辞任となっていた。

DFBはこの件に関して声明を発表。罰金処分と資格停止の処分を下すとした。

DFBによれば、アンファング監督は11月20日に遡り、そこから1年間の監督業禁止と2万ユーロ(約257万)の罰金処分に。また、アシスタントコーチであったフロリアン・ユンゲ氏は10カ月の資格停止と3000ユーロ(約38万6000円)の罰金が課されることとなった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください