1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

「サポーターの皆さんには感謝しかない」野々村芳和チェアマンが福岡のルヴァン杯優勝に「励みになり、勇気になる」、敗れた浦和には「気持ちが良くわかる」と札幌時代を回想

超ワールドサッカー / 2023年11月4日 21時20分

写真:©超ワールドサッカー

Jリーグの野々村芳和チェアマンが、2023JリーグYBCルヴァンカップ決勝後に囲み取材に応じた。

4日、ルヴァンカップ決勝が国立競技場で行われ、アビスパ福岡vs浦和レッズの試合は2-1で福岡が勝利。クラブ史上初のタイトル獲得となった。

7年ぶり3度目のルヴァンカップ優勝を目指した浦和に対し、初の決勝の舞台に立った福岡は開始5分に前寛之のゴールで先制。さらに、前半アディショナルタイムには宮大樹にもゴールが生まれ、2-0とする。

後半は浦和が盛り返す中で、福岡はPKのチャンスを失敗。浦和はその後明本考浩のゴールで1点を返すも、2-1で福岡が勝利し、初優勝を遂げた。

試合後、囲み取材に応じた野々村チェアマンは試合について「6万1683人は今までで一番多い数です。国立競技場という魅力もあるのかもしれないですが、コロナが明けて、日本のサッカーがもう1回東京で盛り上がっていることを見せることができたのは嬉しいことですし、良い雰囲気を作ってくれたサポーターの皆さんには感謝しかないです」とコメントした。

福岡の初優勝については「僕も(ルヴァンカップで)勝ったことがないし、いつも勝ちたいと思っていたので、羨ましいなと見ていました」とコメント。2019年のルヴァンカップでは社長を務めていた北海道コンサドーレ札幌が決勝に進むも、PK戦の末に川崎フロンターレに敗れてタイトルを逃していた。

「福岡というチームが30年近く経ちながら、苦労しながらここまできて、数年前にJ1に上がって少しずつ力をつけて、着実に上がっていくと、こういうタイトルが獲れることを証明してくれました」

「これは、他のJクラブにとっても励みになるというか、勇気になると思うので、色々な思いを感じている他のクラブも多いと思うと、素晴らしい結果だったんじゃないかなと思います」

未だタイトルがない多くのJリーグクラブにとって、勇気をもらえるものとなった福岡の優勝。一方で、決勝で敗れた浦和についても言及した。

「僕は準優勝しかしたことがないので、あの瞬間の悔しさ、どこにぶつけて良いかわからない気持ちが凄くよく分かります」

「両チームのサポーターという目線とともに、第三者的にこのゲームを多くの人が見てくれたと思うので、その良い作品を作ってくれたのはレッズでありレッズのサポーターだと思うので、日本のサッカー全体を見れば、良いプレー、良いものを見せられたと思います」

札幌時代から知る奈良竜樹と前寛之が見事に優勝。チェアマンは試合前に顔を合わせたというが「奈良と前は向こう(札幌)にいた時に高校生だったので、大人になったというか、お兄さんになったなっていう風に思いながら」と語り、「長くこの現場にいるとそういう選手の成長が見られて、特別な思いというよりは、こういう選手がこの場で活躍できるようになるんだと思えたのが良かったです」と、選手の成長を実感したと共に、育成から知る選手が大きく羽ばたく姿もまた1つサッカーの魅力だと語った。



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください