1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

レーティング:トッテナム 1-4 チェルシー【プレミアリーグ】

超ワールドサッカー / 2023年11月7日 7時25分

写真:Getty Images

プレミアリーグ第11節、トッテナムvsチェルシーが6日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、アウェイのチェルシーが1-4で逆転勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽トッテナム採点

(C)CWS Brains,LTD.

GK
13 ヴィカーリオ 7.5
最終的に4失点となったが、再三のビッグセーブに加え、スイーパーGKとして数的不利の状況での強気ハイラインを見事に成立させた

DF
23 ペドロ・ポロ 7.5
持ち味の攻撃ではプレースキックや巧みなポジション取りで存在感。それ以上に気迫と献身性に溢れる再三の好守は圧巻の一言

17 ロメロ 4.0
退場シーンはやや不運な部分もあったが、直前のコルウィルへの不必要なラフプレーの印象も影響したか、痛恨のPK献上と一発退場に

37 ファン・デ・フェン 6.0
攻守両面で安定したパフォーマンスを披露。それだけにハムストリングを痛めての負傷交代は非常に残念

(→エメルソン 6.0)
スクランブル投入で本職ではないセンターバックでプレーした後、左サイドバックでプレー。後半の失点はいずれも自サイドを破られる形だったが、攻めるのは酷でありそれ以上に良い守備が光った

38 ウドジェ 4.5
前半にやや不用意な形でもらったカードが最終的に響き、後半序盤に2枚目のカードをもらって退場に。何とか我慢したかった

MF
21 クルゼフスキ 6.5
ややツキに恵まれたものの先制点を記録。数的不利を背負ってからは臨機応変なプレーで起点を作りに貢献

(→スキップ 5.5)
守備面でハードワークしつつ、最終盤にはあわや同点ゴールというソン・フンミンの決定機を演出

29 サール 6.5
先制点をアシスト。以降は相手の強力な中盤を相手に戦い切っての交代に
(→ベンタンクール 6.0)
負傷明け2試合目でタフな試合に臨んだ。セットプレーで2度のチャンスに絡んだ

10 マディソン 6.0
先制点の起点を担うなどさすがのプレー精度と戦術眼を披露。だが、足首のケガや10人での戦いを考慮されたか、大事を取っての前半終盤の交代に

(→ホイビュア 7.0)
後半途中からセンターバックでプレー。再三の好守で試合最終盤まで望みを繋いだ。周囲に伝播する熱量こもったプレーは称賛に値

8 ビスマ 6.5
数的不利を背負った状態で攻守に奮闘。セカンドボールの競り合いやボールホルダーへの制限で後ろを助け、繋ぎ役としても腐心

22 ブレナン・ジョンソン 6.0
ソン・フンミンの決定機を演出するなど持ち味のスピードと的確な判断で存在感を示す。退場の煽りで早期交代に

(→ダイアー 6.5)
厳しい過ぎる状況での今季初出場。前半の見事なクロス対応を含めベテランの意地を強く感じさせるソリッドな守備を見せた。そして、あわや同点ゴールという幻のボレーシュートも放った

FW
7 ソン・フンミン 6.0
前半の幻のゴールに後半最終盤の決定的なシュートと相手に脅威を与えた。守備での献身性にリーダーとしてチームを鼓舞し続けた

監督
ポステコグルー 6.0
2人の退場者だけでなく主力の負傷も重なる大逆風でプレミア初黒星を喫すると共に自身のホーム無敗記録が「52」でストップ。それでも急造布陣でギリギリまで勝ち点の可能性を残した手腕は素晴らしかった

▽チェルシー採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 ロベルト・サンチェス 5.5
失点はノーチャンス。後半終盤のソン・フンミンの決定機を阻止。ただ、数的優位の状況でもパスミスを犯すなど全体の出来はいまひとつ

DF
24 R・ジェームズ 6.0
前半はブレナン・ジョンソンに手を焼いたが、数的優位以降は大きな穴を作らず。決勝点の起点となるスルーパスは見事

(→グスト 5.5)
攻撃では推進力を見せたが、守備では軽率な判断も散見

2 ディザジ 6.0
チアゴ・シウバと共にリスク管理を行う。決定的なパスカットなど集中したプレーを見せた

6 チアゴ・シウバ 5.5
9人相手にセットプレーやカウンターでピンチを招くなどオーガナイズの部分はいまひとつ。ただ、個人としては普段通りの出来

26 コルウィル 5.0
不運な形での失点関与に加えて数的同数時はクルゼフスキとポロのコンビに苦戦。カードトラブルのリスクやより攻撃的に戦う状況で前半のみの出場に

(→ククレジャ 6.0)
後半頭から投入。積極的な攻撃参加と高い位置でのボール奪取とまずまずの仕事を見せた

MF
20 パーマー 6.5
PKを冷静に決めて同点ゴールを奪取。正確なスルーパスで4点目も演出。それ以外の場面では攻守に及第点以上のプレーを見せた

23 ギャラガー 6.0
3点目をアシスト。数的同数での苦戦に加え、2人の数的優位の状況においてもう少し効果的な攻撃への絡みがほしかった

25 カイセド 6.0
味方のオフサイドで見事なミドルシュートのゴールは幻に。ギャラガー同様、数的有利の状況でもう少し賢いプレーを見せたかった

8 エンソ・フェルナンデス 5.5
同胞ロメロのハードチャージを受けてPKを獲得。前半は幾度かミドルを狙ったが、あまり可能性を感じさせなかった

(→ムドリク 5.0)
2人の数的優位を得ての投入だったが、局面を打開する仕事はほぼ果たせず

7 スターリング 7.0
ウドジェを退場に追い込み決勝点をアシスト。周囲の判断が良ければ、それ以外でもゴールやアシストを記録できたはず

(→ウゴチュク -)

FW
15 ジャクソン 7.0
自身初のハットトリックでダービー勝利の立役者に。ただ、決勝点はほぼスターリングの手柄で残りの2ゴールの価値自体もそこまでのものではなかった。それ以上に際どい局面での決定機逸や判断ミスが目立つ形に

監督
ポチェッティーノ 6.0
古巣初対戦で進撃をストップ。ただ、内容面を考えると、相手の自滅や判定に救われた印象も強く、収穫は勝ち点3にジャクソンのゴールのみか

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ヴィカーリオ(トッテナム)
試合を決めたのは間違いなくジャクソンだったが、ポロと共に傑出したパフォーマンスを見せたスパーズの守護神をMOMに選出。結果的に4失点となったが、この試合で最もインパクトを残したという点で異論は少ないはず。

トッテナム 1-4 チェルシー
【トッテナム】
クルゼフスキ(前6)
【チェルシー】
パーマー(前35[PK])
ジャクソン(後30)
ジャクソン(後49)
ジャクソン(後52)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください