1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

マドリーがバルベルデと契約延長! 2029年までの新契約にサイン

超ワールドサッカー / 2023年11月9日 22時31分

写真:Getty Images

レアル・マドリーは9日、ウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデ(25)との契約を2029年6月30日まで延長したことを発表した。

なお、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、契約解除金は10億ユーロ(約1615億円)に設定されたという。

母国屈指の名門ペニャロールでキャリアをスタートし、2016年7月にマドリーに加入したバルベルデ。加入当初はレアル・マドリー・カスティージャでプレーし、2017-18シーズンはデポルティーボ・ラ・コルーニャで武者修行も経験した。

その後、2019–20シーズンから世界屈指の名門で主力クラスに成長すると、ジネディーヌ・ジダン、カルロ・アンチェロッティと稀代の名将2人の下で中盤や右ウイングを主戦場にチームにダイナミズムと高いインテンシティをもたらす存在として存在感を示す。

エル・ブランコではここまで公式戦220試合に出場し19ゴールを記録。2度ずつのラ・リーガ、FIFAクラブ・ワールドカップ、スーペル・コパ・デ・エスパーニャ制覇に加え、チャンピオンズリーグ、コパ・デル・レイ、UEFAスーパーカップと合計9個のタイトル獲得に貢献している。

これまでプレミアリーグを中心に多くのメガクラブの関心を集めるが、ヴィニシウス・ジュニオールやロドリゴ・ゴエス、エドゥアルド・カマヴィンガらに続く形で新契約にサインした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください