1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

残留争う柏、細谷真大が先制ゴールも痛恨ドロー…鹿島がディエゴ・ピトゥカのPK弾で勝ち点掴む【明治安田J1第32節】

超ワールドサッカー / 2023年11月11日 17時36分

11日、明治安田生命J1リーグ第32節の鹿島アントラーズvs柏レイソルが県立カシマサッカースタジアムで行われ、1-1の引き分けに終わった。

直近4試合は勝利から遠ざかっているホームの7位・鹿島。すでに無冠が確定しているものの、少しでも上位でフィニッシュするために勝ち点が欲しい一戦となった。ゴールレスドローで終えた前節の浦和レッズ戦からはスタメンを代えず、今回の柏戦に臨んだ。

対する16位・柏は残留争い中。最下位・横浜FCとの勝ち点差は「4」となっている。前節の川崎フロンターレ戦は前半にリードした上、後半立ち上がりに数的優位も得たが、逃げ切れず1-1でドロー。3試合ぶりの白星を目指すアウェイチームも前節からのメンバー変更はなく、センターバックの犬飼は古巣との初対戦となった。

序盤から激しいせめぎ合いが見られた中、よりゴールに近づいたのは柏。13分には、前線へのロングボールを奪い返した山田雄士がそのままシュートまで持ち込み、22分には最終ラインの裏へ抜け出した細谷がGKとの一対一を迎えたが決めきれなかった。

その後も柏は立て続けにチャンスを創出。29分、左サイドのスローインの流れから左ポケットの椎橋へと渡り、右足でワンタッチシュート。32分には、左サイドでパスを受けたマテウス・サヴィオがミドルシュートで狙ったが、なかなか枠内に収めることができない。

2分後には、押し込む柏にさらなる決定機が。再び左サイドでマテウス・サヴィオがボールを持つと、ボックス内の仕掛けからゴール前にボールがこぼれる。反応した山田康太の左足シュートはGK早川が止め、跳ね返りをマテウス・サヴィオが押し込もうとしたが、これも早川が防ぎ鹿島を救った。

なんとか水際で失点を回避している鹿島は、39分に反撃。後方からのロングフィードで一気に前線までボールを動かすと、味方からの落としを受けた仲間がボックス手前から右足ボレーシュート。ゴールラインの手前でバウンドする軌道でシュートが飛んだが、わずかにゴール左に外れた。

このまま0-0で折り返すかに思われた前半終盤、鹿島に予期せぬアクシデントが。関川が相手との接触により負傷し、昌子と交代することとなった。

後半は一転して鹿島が攻勢に。53分、柏GK松本のフィードミスを拾うと、ボックス内の垣田へと繋がりGKとの一対一に。垣田の右足のシュートが松本に左手1本で防がれると、こぼれ球に鈴木が反応したが、こちらはミートしきれず松本にキャッチされた。

59分、今度は右サイドから鹿島がチャンスを作る。後半頭から登場した松村が深い位置からクロスを上げると、ディフェンスに当たりながらボールはファーに到達。ここに待ち構えていたのは鈴木。左足を振っていったがGKの正面に飛び、決めきることができなかった。

両チームともに交代カードを切りながら試合は終盤へ。すると75分、柏がカウンターからついに均衡を破る。細谷のポストプレーからマテウス・サヴィオにボールが渡ると、前線でボールをキープ。ボックス内に駆け上がってきた細谷にスルーパスを通し、受けた細谷がきっちり右足で流しこんだ。

このまま逃げ切りたい柏だったが、84分に痛恨のプレー。鹿島のFKからのクロスを弾き返した際、犬飼のハンドが疑われてしまう。VARとオンフィールド・レビューによるチェックの結果、鹿島にPKが与えられる。キッカーを務めたディエゴ・ピトゥカが冷静に左に決め、同点に追いついた。

その後は勢いそのままに逆転したい鹿島が怒涛の攻撃。しかし、柏はGK松本を中心になんとか凌ぐ。

7分の追加タイムには柏も前に出て勝ち越し点を目指したが、鹿島、柏ともに2試合連続のドロー。特にJ1残留争い中の柏にとっては痛い結果となった。

鹿島アントラーズ 1-1 柏レイソル
【鹿島】
ディエゴ・ピトゥカ(後42)
【柏】
細谷真大(後32)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください