1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

「彼は僕を電話で説得した」リバプールではなくチェルシー選んだカイセドを勧誘したのは誰?「それがここに来た理由だ」

超ワールドサッカー / 2023年11月11日 20時13分

写真:Getty Images

チェルシーのエクアドル代表MFモイセス・カイセドが、今夏の移籍の背景をチームメイトのアルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデスと共に明かした。イギリス『ミラー』が伝えた。

昨シーズンはブライトン&ホーヴ・アルビオンの中心選手の1人として、クラブのヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得に貢献したカイセド。夏の移籍市場が開幕すると、チェルシーとリバプールが争奪戦を繰り広げ、一時はリバプール移籍へと傾きかけたが、カイセド本人の意向により土壇場でチェルシー行きが決まった。

ここまでプレミアリーグ9試合に出場するなど新天地でも定位置を掴んだカイセドは、共に中盤を支えるフェルナンデスと一緒にイギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューに対応。12日に行われるマンチェスター・シティとのビッグマッチを前に、フェルナンデスからチェルシーに勧誘された過去を明かした。

「良い会話だった。世界チャンピオンが世界最高のミッドフィルダーの1人に電話をかけてくるなんてね(笑)」

「あの電話をもらえたのはとても嬉しかった。彼は僕にここへ来るよう説得した」

「彼は『若い選手がたくさんいて、団結力のある素晴らしいクラブだ』と言っていた。僕はいつもチームの絆を大事にしてきた。その絆があればどんな状況にも対応できると思うからだ。プレッシャーだけでなく全てにおいてだ。それが僕がここに来た理由だ」

「今は練習でもロンドでも彼と一緒にプレーするのを楽しんでいる。僕たちはいつも一緒にいる。とても幸せだし、物事がもっと良くなるよう毎日努力している。エンソが言うように、クラブの模範になれるようにね」

一方、カイセドを勧誘したというフェルナンデスもコメント。電話で誘ったことが事実だと認め、カイセドの加入を喜んだ。

「チェルシーは偉大で野心的なクラブだから、ここに来ることを受け入れなければならないと電話で伝えた」

「チェルシーで彼と一緒にプレーする機会を与えてくれた神様に感謝しないといけない。彼が偉大な選手であることは誰もが知っているが、彼は人としても素晴らしいんだ。だから、彼がチェルシーを選んでくれたことには感謝している」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください